ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

チャングムの誓い、再び

川や公園の木々も色づいてきた。

さて、再び「チャングムの誓い」を観ている。

同じドラマは観ないだろうな、と思っていたが、一度見てしまったら、また観ることに。単純に面白い。「サイムダン」を観ているはずが、「チャングム」に。BSフジで、サイムダンの放送のためにチャングムが再びだったのかな~。イ・ヨンエつながりで。「サイムダン」も面白いけど、イマイチ乗り気でなく・・・。一度観始めると、観れるのだけど、中断すると、いいか・・・ってなる。

チャングム」のシンプルさがいいのかな~。そういえば、つい前は「トンイ」を再視聴したし、イ・ビョンフ作品の良さを思うわ。大衆受け、といえば薄い感じもしてしまうけど、いいのよね。シンプルにいい。日本でいう、おしん、と言われるのもわかる気が。私も歳とってきたので、そっち風味に流れるのよね・・・。

 

17話あたり。チャングムの女官修行時代。チェ尚宮たちとの料理対決がこの辺り。

再び見ると新しい発見があったり、やはり、いいなと思うセリフがあったり。本当、面白いドラマ。古いと言えば古いけど、その古さが今ではいい感じ。時代劇だし、作りも洗練されてない方が、よりらしさが出るので、それは違和感がないものであるのかも。

シンプルな仕立て、と。

このドラマのみどころって、色々あると思うけど、今回は、チャングムとジョンホの恋。

恋話はこのドラマでは付属的な感じよね。チャングムの生い立ち、修業がメインと受け取っていいわよね、このドラマは。まあ、職業ドラマ、サクセスストーリーといっても、やはり、女性が主人公、ラブラインもあったらいいわよね~。

その、付属的な感じがかえっていいかも。

チャングムとジョンホの進みは、ゆっくりと進んで行くのよね。出会いは運命的でも。

二人の関わりには会話も多いし、どのようにはぐくんでいったのか、というのがとてもよくわかって、感情移入もしっかりできていいわ。いまのところ、本当さわやか。

もう、歳をとると、本当こういうの、いいわ、と感じるわ。

 

残念なのは、カット版であるということが、今回も判明。

インターネットの動画で少し観たら、ああ・・・と。

まず、クミョンチャングムのライバル。そして、想う人も一緒。今のところ、チャングムの方はまだそこまでの気持ちは伺えないところなのだけど。

クミョンのシーンって、結構カットされてるのよね~。

ジョンホが街で、使いにくそうな太い筆を使うチャングムに、細い筆を買っているのを見かけてしまったクミョン。そう、ここなんで、カット?私が観たのでは、本当に、ジョンホが使っていた筆をチャングムにあげた、ということになってしまうではないの~

ジョンホはこっそり買って、「自分が使わなくなったので。」とプレゼントするのが、またいいのじゃないの~。。(新品じゃん、って突っ込みはなしで。突っ込めばこういうのって結構あるドラマ・・・)

そして、クミョンの悲しい想い。こういうの、カットされていくのだろうね。

それだと、クミョンの悲しさが伝わりにくくなり、チェ尚宮と同じく、どんどん意地悪になってしまった印象が強くなってしまうわ。まあ、チェ尚宮にも葛藤がなくはないはずで、ミョンイのことをハン尚宮と話すシーンがあったわね。

本当、カット版は残念!

 

チャングム」の景色の美しさもいいわね。わりとシンプルなのだけど、いいわ。ちょうど同じくらいの季節よね。

木々が色づいて、気持ちのいい季節って。

 

まだ、嵐の序盤でゆったり観られるシーンが多いし、それもいいわ。

ハン尚宮の最期が今から悲しいの~。