ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

息子の直したいところ

たまたま去年のGWの記事をみたら、やっぱり体調を崩していて、同じような感じだなあと思った。来年はどうだろう。もっと身体のことを気遣って過ごした方がいいのだろうかと思ったり。

 

休み明けの初日、息子を送っていった。通常はバス通園であるのだが。

前日の夜「明日から幼稚園だね~。」と言うと、急に泣き出した息子。

休み明けなど行きたがらない傾向であるが、はて?

「A君と遊べるよ。」と仲のいいA君の名前を出したりすると、それがいけなかったみたいで、「A君嫌だ。」挙句の果てには「先生も嫌だ。」と言う。

聞くと、休み前の日、A君とちょっと揉めたようだった。叩き合いになったみたいで、それを仲裁に入った先生が、「叩く子は嫌いよ。」とか言ったみたいで、その言葉が引っ掛かったようであった。最初は息子にだけ言ったような感じで、息子が言うので、それはちょっとどうしたことだろうか?と不信に思った。担任の先生はベテランの先生で、私も信頼している。年少の頃も担任だったし、子供や親に対しての対応も良いと思っているので・・・。ちょっと明日は送って先生に訊いてみようかなと思った。が、よく息子の話を聞けば相手の子にも、つまり二人に対して言われたみたいで、まあ、それならそういうもんだろうと思いなおした。

けれど、あまりにも息子のもやもや感があるので、結局送っていくことにした。

 

息子のもやもやは、A君が息子が使ってるおもちゃをだまって取って行って、で、息子が「返して」と言ったけれど「ダメ」と返してくれなかったようなので、息子はぽかっとおもちゃで叩いたらしい。そして、叩き合いになったと。息子としては、「返して」と言ったのに、返してくれなくてなす術がなかったのかも。叩くしか。

叩いたことは悪いが、それにしても、どうすればよかったのか、そもそも黙ってとっていって返してくれないA君も悪い、というような気持ちが息子にはおさまらなかったのかもしれない。そして、そういうことを先生にわかってもらいたいと。叩くなりの訳があったみたいな。

まあ、息子にとって叩くしかなす術がなかったのだなあと思った。

もう少し、具体的に言ってみたらとか、先生に言ってみてもいいんだよ、とかは私も言ってみたけど・・・。あと、あきらめというのも大事なこともあるし、ときには譲るというか。

A君は普段は穏やかで、黙って取るというのも、ちょっとおかしいなと思ったりもした。

息子の言い分も聞きながら、こっちもだんだん訳がわからなくなってくる。

しまいには、「じゃ、A君じゃなくて、違うお友達と遊べばいいんじゃない。(ちょっと距離をおくというか)。」

 

このもめごとがあった日は、夫が息子を迎えに行っていた。そのとき息子が泣きながら出てきたそうで・・・。でも、理由は言わなかったらしい。理由は、このもめごとだったと思うのだが。息子的には、大好きなパパに会えたし、これからは休みでパパと過ごせれる。そうして休みの間には忘れていたのだろう。が、また幼稚園に行くこととなって思い出した、という。

幼稚園のやり方として、園であったトラブルは、その日のうちに解決するようにする、というものであるので、何かあれば、連絡をくれ、という。ま、結局、日数がたってからとなってしまった・・・。

 

幼稚園の部屋の前に着くと、A君が笑顔で息子を迎えに来てくれた。

やっぱり・・・笑顔の素敵なA君なのだ。大人の私でも癒される。もうA君は、気にしてはないのだ。息子ったら、しつこいわ・・・と再び思った。

でも、息子の言い分だけを聞いてれば、先に原因を作ったのはA君かもしれないし、まだ息子の立ち位置にいる私であった。

伺ってるような息子であったが、A君が無邪気に色々話しかけてくれ、息子の方でも気持ちがふっきれはじめたのか、「さっき、ダンゴムシいたよ。」とかA君に話始めた。

まあ、所詮よくあるもめごとだから・・・そんなものだよな、と二人を見送った。

 

先生と話すと事実が見え始めた。大いに納得した。

そのおもちゃのもめごとがある前に、その日は、午前中にももめたらしい。

外で遊んでるとき、一人で遊びたいA君に息子が無理に誘い、それでも断るA君に、息子が噛みついたらしい・・・。

あちゃ~・・・・。

先生も「(だから)A君もたぶん意固地になってて・・・(黙っておもちゃをとるようなことを)。」

そりゃそうだわ。と思った。この~、息子!!!と息子に怒り。

ずいぶん被害者ぶって・・・。

 

いずれも先に手を出したのは息子だし、何より最初の件なんて、全く息子が悪い。

なのに、A君は笑顔で出迎えてくれるし・・・。

息子の性根に腹が立った。

 

先生は、傷を負ったA君の方には連絡されたようであるが、特に私の方には迷われつつ、されなかったようである。まあ、そうだよな・・・と思った。

私もいたたまれなかったので、息子も誰かに気持ちを吐き出したかったのかもしれません、私に話し、私が先生に話すことで、なんとなく落ち着くのでは・・・とトホホな感じで付け加えた。

先生は、息子的には、その午前の外遊びのことと、午後のおもちゃのことでは、はっきりとわけてしまったのかも、断片、断片でのことになるのかもと。

 

帰ってから、息子には話した。「ママはちょっと理由がわかったよ。確かにおもちゃ黙ってとるのA君らしくないし・・・。」

A君の気持ちの流れを・・・。

そして、やっぱり手を出してはいけないと。

息子は、かっとなるとすぐ手をだしてしまう。やられたのなら、まだしも、相手に非がないときでも。

 

そして、手をだすな、と注意した矢先・・・。

その日の幼稚園の後は、近所のB君と我が家で遊んでいた。

かるたをしていて、B君のとった札が多くなり始めたころ、息子はB君をぱちんと。

!!!!

全く、本当、この悪いふるまい、息子のこれをどうにかしたいわ・・・。

これ以外は、本当にいい子と思ってるのに・・・。