ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

癒し系

「プリンセスメゾン」。ゆるく観ていた。

陰謀系のドラマばかりみるので(なんででしょう)、すごい楽に観れるし、よりどころだったわ。

タワーマンションといえば、「砂の塔」と同じだけど、こちらは、温かい気持ちになる話。マンションのモデルルームが主で、実際のマンションの方は少ししか出なかったと思うし、主人公のアパートがなにしろ舞台。しょう洒な雰囲気は少な目かな~。

でも、砂の塔は、あのしょう洒なマンションのよくないイメージを持たせるような内容だし、こちらは、ただただ憧れというようなイメージのままで。

23時過ぎという時間帯、眠る前に観るとちょうどいいドラマ。30分だし。オープニングの音楽もよかったわ。途中入る曲、これはバンド系のにぎやかな曲だったけど、いいアクセントだったと思う。私も最初は寝る前にたまたまつけていて、この話続き観たいわ、と観始めたし。

 

たんたんと進んで行くような話だけど、気になるのは主人公幸の決断。

どんな家(マンション)を買うのだろう・・・と。そこは、このドラマの登場人物たちと同じ気持ちなのよね~。

幸が最初観たのは、高級なマンション。幸の見た目、雰囲気からは、まわりも怪訝に思ってしまう物。でも、幸の真摯さ、ひたむきさに皆がひかれるように、それもどことなく気になるという感じから、応援していってしまう。「スーツを着ているような女性ではないけど・・・。」マンションセミナーの女性は幸を応援する。幸の決断で、こちらも勇気をもらえるというような雰囲気になっていく。

 

こういうドラマだとこの調子でずっと観ていたいという気持ちにもなるけど、終わりはやってくるわけで。

ちょっと、衝撃のというか、話に動きがあるような内容だったのが、幸の生い立ち。

どこか不思議な雰囲気の幸。一人・・・という、人と距離感がある雰囲気というか。

それが、わかったというというところなのであったが、さて、結末となるのだけど・・・。

動かなかったわ・・・。

最後も、このまま続いていくような雰囲気で、終わり。

あの不動産会社の営業マンとも、ちょっといい感じになるのでは、なっちゃえ、という気持ちになりながらも、終わってしまったわ。くっついてしまっても、幸の雰囲気とは違う気もするしね~・・・。

 

癒しや、励みになるドラマだった。

原作がマンガであるようだけど、結末はどんななんでしょう。