読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

仮装不要、鬼の私

トイレトレーニングについては、難儀をしている。

記事にも書こうかと思うが、どこから書いていいかもわからず、ただ書くとしたら、

4歳になったけど、いまだできない、と。

できない、というと、違ってはいる。できるときもあるから。

でも、「トイレ」と知らせて行ったとしても、ほとんどすでにパンツは湿っている。

うんちに至っては、これはほぼ確実にできない。何度かできたことはあるが、数回。

 

このころだと、大方の子はできてるみたいだし、自分でパンツをおろし、用を足せるであろう。

 

こんなに難航するとは・・・。

こんなときは、本当に私はくさる。

くさって、育児本なんてくそくらえ!だ。育児本でなくて、○○✖子、○○✖太郎(個人名)の育て方だ。私が育児本を書くなら、全然違う!と叫びたいくらいである。

 

まあ、育児本が、意志表示ができ、歩けるようなら、教えれば、早くて2、3歳にできるようになり、小学校に上がるまでには、できます。ときっぱり書いてあるなら、私も穏やかである。どうも、幼稚園入園前、入園後にできなければ、焦りのような雰囲気がみられるので、私は落ち込んでしまうのである。

確かに、いつかはとれるものなので、落ち込んでも・・・だけど、ときに本当にどうして!と思う。

と、今日はそんな日だった。

あれやこれやの方法でやってる。褒めたり、怒ったり、もう、ほとんど脅しといういや、脅しもやってる。私も、感情的になり、叫び声に近い。やってはあまりよくないという比較もやった。「✖✖君はちゃんとできてるよ。」の。

ある子は、「私が(母親)怒ったら、それから失敗しなくなった。」というらしいし、が、息子に関しては、怒った、いやかなりヤクザ並みに(通報されるかと・・・でも止まらない)怒っても、効果なし。さすがに、怒られてる間は泣くが、それが過ぎれば、ケロッとしてるようである。

比較の件も、あまり効いてるというか、傷ついてる感じもしないような・・・。まあ、息子の気持ちは知る由もないので、何ともいえないけど。

 

4歳なので、だいぶわかってる頃だし、イヤイヤ期も収まりつつある。が、どうしたものやら・・・もう不思議とかいいようがない。

2、3歳というのが、典型で、息子は外れてるだけなのか・・・。なんとなく、母親の責任というのも感じないでもあるし・・・いや、でも、できる子は、そんなに親の手をわずらわせることなく済むこともあるらしいし、紙おむつだろうが、3歳にトレーニングを始めようが、スムーズにいく子はスムーズに行くらしいし・・・。色々考える。

ああ、本なんてなんなんであろう。私が本を最近読まないのは、息子というリアルがすごすぎるからである。

アドラー心理学なんてくそくらえ!だ。アドラー子育て、ふん!

何が課題の分離だ!小さい子なんて、ほとんど親側の課題だわ。心配なんてつきないわ。ええ、心配するのよ。親は子供のことずっと。誰かが、親は息をするように子供のことを心配するっていっていたけど、その方がアドラーの言葉より響くのよ!おせっかいが親のすることよ。

 

くそ~、くそ~、と思いつつ、なにくそって思うのって、大切と聞いたことを思い出したわ。

くそくそ、言いながら、それでも、これからの方法を考える。仕方のないことなのだから、いっそ紙おむつのままでいいじゃん、これも一案、いや、でも、いつかトイレができるとしても、方法というか、そのための準備はやはり必要。ワイドハイターはこれからも使おう・・・。

この間までは、割とうまくいっていたのに・・・、あ、そういえば去年もこんな感じだったわ。あのときはイヤイヤがすごかったから、もうトイレで全然しなくなったものね。それに比べれば、今は無理にでも行かせれば座るし・・・。あ、成長してる??

そう、寒くなってきたから、億劫というかそういうのあるのかな。

だとすれば、後退すれば、いいのだわ。息子がきっぱり、「(さそっても)まだ大丈夫。」と言い出してから、息子の意志に任せていたわ。もう一度、こちらが、時間を見て誘えばいいのだわ。もう一度、支えなおせばいいのだわ。そして、ある話も思い出す。育児本なんてくそ!といいつつ、とても支えにしてる記事がある。「育児は、植木や盆栽を育てるのに似ている・・・」とかいう内容の。

ます、生き生きと伸び、成長していくことを期待して、栄養などを与え、たくましく育てる、そして、それを保ちつつ、伸び放題の枝などに対して手を加える・・・。

「支え」と「枠づけ」。

息子は、ちょっと伸び放題のところがあるのかな・・・、もう少し、支えながら、枠付け(しつけ)をした方がいいのかな。

息子を自立させたいがため、意志を尊重したけど、そこが、今一度あやうい。

後退して、もう一度、こちらから誘って、無理にでもいかせよう・・・。

 

 

は~、多少すっきりしたから、また「チャングムの誓い」でもみるわ・・・。

そういえば、来月、「トンイ」が始まるので楽しみ。「チャン・オクチョン」を見た後見たかったから~。