読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

やっぱりトミカ・・・。

例外でなく、息子も乗り物が大好き。

おもちゃは乗り物だらけ・・・。

その中に、レールものも入ってくる。

やっぱり、こういうの好きよね~、とレールのおもちゃを考え出したのは、2歳になる前くらいだったか。たぶん、キドキドのレールのおもちゃのところを中々離れなかったのよね・・・。

で、2歳の誕生日プレゼントには、私の母からレールのセットを買ってもらった息子。

私の母なので、私にも打診というか、どういうのがいい?というのはある程度はある。

レールか・・・と思ったとき、浮かぶのは、トミカプラレール

きっと息子も大好きになるであろう。

が、まだ赤ちゃんの風情を残す息子でもあり、大人受けもよさそうな、木のレールをこのときは選ぶこととなったのである。木の・・・、私の母もそれにこだわったのかもしれない。

が、私としても木がいいなと思いつつ、いやいやもう少し大きくなれば、トミカがいいのでは・・・と思った。トミカなら、商品もたくさんあって組み合わせて遊べる、長く遊べれるのではないか・・・と。

が、やはり私でなく、私の母が選ぶのであるので、そこまで強い意見は出さなかった・・・。

木のレールは、つまり木のおもちゃはあたたかみがあるし、インテリア的にもいい、という感じのものもある。

そのときは、ブリオのシリーズを買ってもらった。

 

息子は喜んだ。よく遊んだ。一つ、電池で動く車両もあった。電池で動くのはもっと好きなようであった。

 

それから・・・、日本ではやはりトミカがメジャーなのであろう、頂くおもちゃはトミカだらけになった。レールものもトミカである。幸いにも、ブリオの木のレールと幅が同じなので、走らせることはできた。しばらく、車両はトミカ、レールはブリオの木製、と遊んでいた。もっとレールがあるほうが楽しいのかなと思って、買い足した方がいいのかなと思いつつ、当初のセットだけで長らく遊んでいた。

 

が、近頃、私の妹が息子にトミカの南海ラピートをプレゼントした。喜ぶ息子。

が、このラピート、よく脱線するし、他の車両同じく、ブリオの木製の坂のレールは登らない。癇癪を起す息子。

その癇癪に私までイライラする。レールで遊んでいるときの息子はそりゃあ熱心に遊ぶので、私も自分のことなどできるのであるが、息子が機嫌が悪くなったり、木のレールは、すぐ外れるので直してやったり、中断されてしまい、私も不機嫌気味に。

 

もう~、こうなったらやっぱりプラレールだわ・・・と思った。

「お父さんに、プラレール買ってもらおっか。」と。

 

もうすぐ4歳になる息子。プラレールで遊ぶのはあとどれくらいなのであろうか・・・。

こういうおもちゃはいつかは卒業してしまうことがほとんどであろう。

(まあ、いつまでも好きな人もいると思うけど・・・)

もったいなくはないだろうか・・・。誰かから譲ってもらえれば一番ありがたいけど・・・。なぜか、息子は譲ってもらうことが少ない。

まあ、一人息子だし、買ってもらおうか・・・。と自分が楽をしたいのが一番で(プラレールなら脱線も少ないだろうし、レールは外れにくいので呼ばれないだろうと)、夫に頼んだ。夫は息子には甘いので、二つ返事で。

 

さて、夫が買ってきたのは、かがやき(E7系)のセット。

やはり、最初はセットがいいだろうと。で、息子の希望は、坂があるもの、駅があるもの、トンネルがあるもので、だいたい、このかがやきセットにはついていた。

価格は3000円とちょっと。やっぱり、木のシリーズにくらべたら、安い、なんだ、迷わず買ってもよかったわ。ブリオのセットなんて、2,3万したのでは・・・。

まあ、プラスチックだから、壊れやすそうだけど、でも上等。楽しければいいのだ子供は。

それにトミカの魅力は、本物の車両を作っていること。車も同じだけど。

ブリオなんて種類は少ないし、なんだかわからないし。そう、乗り物が好きになると、種類まで気になるみたいで、なんでも覚えてしまうし、これは、これ、という明らかになることがいいみたい。

やっぱり、プラレールなんだなあ~と思ってしまった。はなから、プラレールにしておけばよかったんだなと。ま、ブリオも悪くはなかったし、それはそれで・・・。

 

プラレールだと、ラピートもスムーズに走った。息子も熱中して遊んだ。

楽々の母・・・。プラレール様様だわ・・・。

 

それにしてもうるさいのが、トミカシリーズ・・・。

列車、そして、車のもの。パーキングとか高速道路とか・・・。

スイッチを切った時の静けさ・・・ああ・・・。

乾電池の消費も激しい。