読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

イニョプ、再び。

「イニョプの道」

後半を観た。最初や途中は、つらいものね・・・。

吹き替えだったけど、それはそれでよかった。ついつい字幕がいいなと思ってしまうけど、字幕は忙しいし・・・。

 

改めて見たけどよかった。音楽もいいなと思っていたけど、今回も。

気持ちとピッタリな気がして・・・、ここで、この音楽と・・・。

なんか、しっくりこない音楽とかもあるのよね・・・。でもこのドラマは、すごいあっていたというか、心地よかった。

 

ラブストーリーも大人な感じ。

イニョプは二人の男性を愛した・・・。

ちょっと最後までわからないような感じもしたけど、結局は・・・。

ウンギをとても愛していたイニョプ。この心の変化をどう描くか・・・。

それは、サウォルのセリフ・・・、「お嬢様は二つの人生を歩まれた・・・。」

この言葉をイニョプ自身も反芻する。

観ているこちらも、その言葉を考える・・・。

あまりにも変わってしまった人生・・・、心変わりというか、それしかないような気がする。

 

観ているほうも、ウンギ、ムミョン、どちらにも心を寄せてしまう。

途中、ウンギは、狂気という感じになってしまうが、最後はイニョプを庇う。ウンギは目を覚ましたのか、変わっていなかったのか・・・。

まあ、どっちがタイプ~?、なんて、ルンルンしながら観れるという、女心を嬉しくさせるラブストーリー、ドラマ、ではあるけど、でもマジな感じでも、イニョプの心情に共感できるというか、この二人の男性を冷静になって見つめたり、わからなくなったり、ゆれたりと・・・。

大人なラブストーリーだなあと思った。

 

最後、ウンギと仲の良いころの回想が少しあったけど、このドラマでは、この二人のラブラブなころって、ほとんどなかったなあと・・・。

出会いのエピソードとか、ラブラブのシーン。

まあ、この辺りももちろん想像ってなるけれど。二人は本当に愛し合っていたって。

でも、こういうの描くと結構しらけるというか・・・、野暮なのかな・・・って。

「王女の男」でも最初つまんなかったのは、そういうことなのかな~って。

だから、より大人の印象だったわ。

ウンギがイニョプの手をとって川を歩くシーン。せつなかったわ。

 

でも、一年後、ムミョンが、変わらぬ姿で、自然にイニョプに近づいていくのも、悪くなく、あたたかなものを感じて・・・。

 

ウンギ、ムミョン、どちらも丁寧に描かれていてよかったなあと。

 

あ、タンジとユソンのところもジーンとしてしまったわ。

 

 

そういえば、観たのは一年前、同じように暑い夏だったけど、ドラマの舞台はさむーい冬で・・・。