読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

「王と妃」が終わった・・・。

「王と妃」終わった~。

最後はなんかあっけない気が・・・。

終わりらへんが今までいくらべるとバタバタと終わった気がして・・・。エンザン君の義兄の最期もあっけなかったなあ・・・。殺されたんだよね・・・。この人結局、本当の忠臣だったのに・・・。それにしても悲劇が続いて・・・、義兄、シン・スグンは、エンザン君の腹違いの弟に娘を嫁がせていて・・・そのため、次の王になるキソン大君は愛する妃を失わなければいけなくなったという・・・。ドラマにはこの辺りはもうかかれていないけど、他のドラマでは書かれてるみたいで・・・。

すごいじっくり描かれていた部分が多いだけに最後があっけない・・・。

単に見ごたえのあるドラマが終わったロス感なのだろうけど・・・・。

「歴史は勝者の記録」・・・最後もそう終わった・・・。

 

ちなみにこのころの時代のドラマって結構あると思う。ドラマ性があるんだろうね・・・。謀反、粛清・・・。

インス大妃は、彼女自身インパクトがあって、しかも嫁姑バトル・・・。

今まで見たのに「王と私」が、ほとんど同じところやっていたね。

でも、ユン妃は、「王と私」では悲劇のヒロイン風。意地悪な感じはなかったわ・・・。いろいろなアレンジをして、韓国の歴史ものは面白い。キム・チョソンという内官も確かに「王と妃」でも出てきたし。「王と私」では、そのキム・チョソンのエピソードをさらにドラマティックにしたりと、面白い。内官、宦官の話でもあったわ。

 

「王と妃」古いドラマだし、長いし、じっくり。長いな~と思いつつみるけど、こんなドラマ他にはないんじゃ・・・と思ってやめることができなかった。

確かに面白かった~。インス大妃がすごかった。老けたときがさらに。

高笑い、ウソ泣き(泣きながら、上目遣いするのよね)、「おほ~。」とうなったり。

白目したり、最期は、目を見開いたまま・・・。

実際は、綺麗な人。確かに、スピンの頃(世子妃)はきれいだったし、晩年は老けメイクだものね・・・。古いドラマのせいか、メイクも荒っぽいけど・・・。

 

さて、次は「秘密の扉」というドラマ。

時代は進んで、中期から後期くらいの頃なのかしら。

英祖、米びつ事件、といえば、「イ・サン」を思い出したけど。

「イ・サン」の最初の頃をやるのね。

おなじみ、史実のアレンジ系ドラマらしい。

サスペンスっぽい香りがする。

最近のドラマのためか、展開はスピーディーで(サスペンス風のためかなお)、映像もきれい、衣装、セットなども洗練されてる感じ。

本当、「王と妃」のじっくり系をみていたので、慣れないくらい・・・。スピーディ。

「王と妃」のやぼったい感じは、逆に昔感がしっかい表れてて、これがリアルっぽい気がしていたし。

 

やはり、わからないので(歴史ものは難しい・・・)また検索しながら観たいと思う。