ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

長い目で・・・。

続編、追加っぽい話。

NHKの「あさイチイクメンも悩んでる?!

確かに男性も大変だと思う。今は子育ての仕方が変わってきている時代。長年やってきたことがこのところ、がらっと変わってきてるよう。

 

ママたちの危機の番組よりこちらの方がすっきり感はあるのかしら。

ママたちの・・・は女性が見ても気の毒感を覚えたり。男性よ、あなたも女性になりなさい、そして女性になりえるのだから・・・みたいに取れたりしたので・・・。

 

あさイチでは、最後はたくさんの人の手を借りること、例ではシニア世代の手を借りることが出ていた。

子育ては、共同でしてきたのも。そして、人を一人育てるのは、本当にたくさんの手がいること・・・。

それは、夫婦二人だけでは解決できない。今度は二人で煮詰まってしまうのかもしれない。

 

 

もう一つ思ったのは、やはり父親的役目というのは、すぐにはわからないものなのかなあと。もともと大黒柱というのはあると思うが。我が家の場合やはり、夫が元気で働いていてくれるからこそ、私も息子もつつがなく暮らしていけてるのである。

そして、幼い子の世話もできればやればいいものだと思うし、が、必ずでもない気はする。男の子の場合は、父親というのがいい相手になってくることがやはりあると思う。

父親の方も、そのころは子供は自分のことは自分でおおよそできるだろうし、言葉でいえばわかるころである、扱いやすさはあるだろう。

男は男同士でやったことがいいこともあるだろうし、以前は多かったことだろうが、背中を見て育つというのも悪くないと思う。母親とは違って、父親とはちょっと距離があるくらいがいいのではないかと思うこともあるし・・・。

 

これから、息子にとって、よき父親になってくる(まあ、今でもいい父親だけど)と長い目で見なければならないのだなと思った。子育ては長い・・・。