ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

かつては女の子

息子の世界に付き合ってると、まあ、これが男の子なのかな~と思ったり、このころの子供というのはこんなものなのかな・・・と思ったりすることがある。

マイペースなのも子供なんだから仕様がない・・・と。

が、たまに女の子のことを聞くと、軽く頭を殴られたような感覚になったりすることがある。

 

先日も、公園で、幼稚園のプレクラスが同じだった女の子とお母さんに会った。

「(プレクラス)よかったですよね。」と言われ、

「・・・そうですね。」

「(娘も)佐藤先生(仮名)がすっごくよかった。楽しかったって。」

「(え?)」

確かに、いい先生だった。ベテランの先生で、子供に対しても慣れてらっしゃって安心感もある。保護者も接していて安心感のもてる先生である。いい先生、それは母親である私の感想であった。当の息子はどう思ったのか・・・。いや、そんなことは、思いもしなかった。

 

コミュニケーション的なことの成長が早く、上手なのは、やはり女性のほうなのだろう。そんなことを思うことは、子供を見ていても今までもちょくちょくあった。

その女の子は、先生をよくみていたのだ。

今の息子は・・・、人がどうだろうとか、まだどうでもいいような気がする・・・。

プレクラスでも、反応がいいのはおおむね女の子。先生の挨拶、歌、手遊び、そんなものに子供らしくかわいく反応する。男の子は、マイペースな子を多く見る。

一度、息子の周りが男の子ばかりのことがあった。反応の薄い彼らであった。

憮然としたような表情をしている子。他所を向いてる子。息子は絵本をはなさない。

「ここだけ空気が違うね~。」とあるお母さんは言われたり・・・。

 

ああ、この歳くらいになると、協調性が出てくるというか、コミュニケーションがしっかりしてくるのだなあと思うのは、女の子をみて改めて思うことが多いというか・・・。

あるお母さんは運転が苦手で、「運転嫌なんよ~。」とか言いながら運転していたら、その娘さんは「でも、お母さん、さっきのところ上手く曲がれたよ。」とか言ってくれるらしい。

 

娘を持つというのは、女友達を得たような感覚になるのでは・・・と思う。

 

子供といるのは、なんだか心もとない・・・、それは男の子だから特に?

女の子というのが、すでにわからなくなっているこの頃。

私は、女の子だったのだけど・・・。女の子があまりわからない・

 

マイペースな息子。そうはいっても、かわいい。かわいいと思うのは、やはりよその子でも男の子である。男が好きになってしまったのかな・・・。

息子にキスをしまくる私。息子は嫌がらないし。夫のは嫌がるが。

子供が女の子だったら、こんなにキスしないかもしれない・・・かな。