読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

結末は?

うーん、そうなるか・・・と思ったラスト。「ナオミとカナコ」。

原作とは違ったラストになるかもと思っても、同じようなラストを期待してしまうのが実のところだったので、残念というか・・・。観てる方は逃げ切ってほしいと思って観る話だとおもうのよね。犯罪者に共感してしまうという。

 

しかし、つまり捕まるのでしょう・・・と。

そうは言っても、原作と同じように、二人の結末ははっきりとは描かれてなく、観てる方に結局はゆだねられるというものであった。そこが違ってくるとなんだか違った話になってくるので、まあ、二人の口元に笑みが浮かぶ表情のままで終わるのでしょう、二人は希望をもったままで。捕まるにしろ、捕まるシーンはないわけで・・・。

ドラマの方は、捕まるという可能性が高い印象。原作は読んでないが、あらすじなどを検索すると、もう少し、希望がもてる、つまり逃げ切れる可能性があるという終わり方のようで。

 

原作があるがため、最後を知ってる人もいるし、たまらなく探した人もいるでしょう。私のように。(知らないと観れなかったという・・・。そういえば、視聴率はあまりよくなかったみたいで・・・。しかし、それは、単にリアルタイムで見る人が少なかったのではと。こんな話、寝る前の時間、律儀に毎週一回観れるものかしらね~。)結末を知る人がいる・・・、ドラマは、やはり裏切ったのでしょう。そうはいかないよ・・・みたいな。同じと言えば同じだけど、捕まるほうが色濃い・・・。テレビの方が公共性が高い気がするので、犯罪は犯罪、カナコたちの行動はやはり正当化できない・・・としたとも思えたり・・・。この話は、悪を正当化するというか、きれいごとにしてしまうことで、私たちまで、おとぎ話にいってしまうという・・・。特に最終回はそうだった。警察が調べるほどになっても、上手くいくんじゃないか・・・。ナオミとカナコが李社長に用意してもらったホテルで逃亡後の想像をする。このホテルもまたしょう洒なホテル。李社長の紹介してくれた逃亡先の知人のところは、湖があるという。きれいな水だという・・・。ナオミは夫に暴力を振るわれ闇のような生活を送っていたとき「おいしい水が飲みたい・・・。」と言っていた。まさに夢見ていた生活。自由だ。

ホテルの部屋でも、空港でも、二人は気持ちを言い合い、そこには友情を感じる。

二人ともわかっている。自分たちのしたことは、とんでもないこと。してはいけなかったこと。ナオミは「自由になる方法は別にあったのに・・・。」と。

けど、観てる方も、もはや二人を許すほどに。自由になってほしいと。

すっかり、二人の世界、プラス李社長の世界に行ってしまうのである。

二人を救う李社長。救う人がどこかいかさま感がある。「自分を守るための嘘、策略、すべて正当防衛・・・。」二人を正当化しようとする心強い李社長の言葉。この言葉、心強く感じるのである。

 

最初、ラスト観たときは、がっかりというか・・・。

逃げ切ってほしいのである。だいたいの視聴者がそうであろう。

どうにか違う解釈はないのか、救いは・・・と思いつつ検索してしまうのである。

 

お、あった。なんと、二人は逃げ切れるのではないかと。

それは、あの笑みを浮かべながら二人が歩くのは羽田空港ではなく、もう上海なのだと・・・。

陽子の最後の表情も、負けた感からくる表情みたいなことを。

 

どうだろう・・・、やはり色々それぞれに思うのだ。私は、ああ、ダメだったなあと思ったのだけど・・・。逃げ切れたならうれしい。希望の話だ。ショーシャンクっぽい。(って、ショーシャンクは無実の罪なので・・・。当然か・・・。)

でも、それでも私は希望を好む。そうだ、私は録画で観てるじゃないか~。消去しなくてよかった(最終回はすぐ消去しないという変な習慣があって・・・)

で、最後だけ観たら・・・。

同じ・・・、やっぱ、二人は残念だけど、捕まるかも・・・。

私には、羽田空港にしか見えなかった。コートを脱いでるといっても、飛行機に乗るから脱いだというのもあるし、審査を終え、リラックスしてる二人である。それに後ろの案内が、日本語だ。漢字といえば、中国語もだが、中国語は複数あるとか聞くし、何種類か表記してないか・・・。ま、上海だから一語いいのかしら?

とにかく、羽田にしか見えなかった。それに、陽子の表情は安堵に見える。

まあ、それでも色々な見方はあると思う。それが、この話。希望に見える人はそれでいい。(私も本当は希望に見たかった。が、やはり何度見ても見えない気がする。。。)

私には、まあ、やっぱり希望がいいが、こうやって二回見ると冷静にもなり、やはりホテルで二人が話していたりしてたのは夢物語で、一気に現実に戻されるのだという・・・。

悪いことはできない。二人がやったことはやはり正しくはない。

 

それでも、私はしつこくてね~。本音は逃げ切ってほしい。

そこで、警察の動きのあらさがしではないが、可能なのかどうかを思ってしまう。

遺体が発見されて、すぐ逮捕状がとれるのか・・・という。どうやら、陽子が確認しないといけないらしいが、陽子は羽田に向かう。二人が羽田から逃亡してることを伝え。

だから、逮捕状がまだ出てないだろうにどうしてか・・・という。

ま、逃亡してるので、緊急事態で、異例処置なのかもしれない。

それと、二人は出国した。警察は介入できるのかとか。つまり法律の問題というか。

確かに、スタンプは押してもらっても、物理的にはまだ手が届くわけだし・・・。

警察官もゲートを抜けてたしね・・・。これもありか・・・。

まあ、そりゃみんな協力するよね・・・。犯人を捕らえるために。

逮捕状、速かったな・・・。やっぱ、海の方がよかったんじゃ・・・まで思ったりね・・・。

 

が、無事出国できても、今度は中国に入国できるか・・・もあるしね。

二人が飛行機に乗ってしまったら、次は中国の入国ゲートをおさえるよね。

国際手配になるのかな。でも、手続きとかありそうだし、国内のように、緊急で異例処置(か知らないけど)とか融通は利かせにくいこともあるだろう。即、とれるものなのかな。でも、これが、テロとか、凶悪犯とかそういうのなら一刻もはやく抑えてほしいものなので・・・。

その間に、二人が入国できれば、ほぼ、逃げ切れそうだが・・・。いずれは国際手配されるにしても。

とか、そういう事情に思いをはせてしまうのである。

それで、二人の逃亡は成功かどうか・・・って。

 

いずれにしろ、ドラマの感じでは、飛行機に乗る前につかまってしまうわね・・・。

本ではどうなんだろう。読後感はどんなかしら。いつか読んでみたいものである。

 

なんか、このドラマでは、陽子は敵で・・・。でも、正しいことをやってるんだよね。ちょっと強い性格だけど、まあ、それでも、常識の範囲内ではあるし・・・。弟のDVも認めたくないだろうが、認めたし。

そういえば、ある方のブログで、陽子のような黄色いコートの人を街で見かけてびっくりしたとあったけど、わかるわ・・・。

この派手なコート。なぜにこんなの着てるのだろう。

最終回、二人が泊まったホテルに朝表れる陽子。黄色いのが表れたとき胸がどきどきしたよ~。このコートの効果もあるわ・・・。

黄色いコートをこの冬着ていた人(あんまりいないと思うけど。陽子さんはスタイリッシュに着こなしてた。)・・・、知らずに、人を驚かせることがあったのだろうね・・・。