ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

妻の願い

「関心がない。」というのは、よろしくないこと。

おそらくなりより・・・。

が、こっちはそう思っていても、相手には、そんなつもりはないのであるから・・・。

 

確かに万事オッケーに見えるだろう。

私もそう思う。息子は確かに元気に成長している。

が、悩みというか、気になる事、心配なことは、些末だからこそあって・・・。

些末だから、こんなの気にしたらいけないのかなあとか思って、ごまかそうとしたり、でも、なんだか気になったり、うつうつ・・・。

まあ、子育てってこうしたものなのかもしれない。子供がいれば、心配しなければならないという・・・。

夫に望むのは、夫にもそう思ってもらいたい、分かち合いたいということである。

 

夫の言葉でカチンと来た。

「保育園って予約してあるの?」

その少し前に、息子くんは明日保育園とか言ったのである。一時預かりを利用している。

え~、知らないのか・・・。今更・・・。

「・・・まあ、関心ないことよね・・・。」私のイヤミは始まる。

「いまどき、通うのって大変じゃん。(まさか知らないの??)一時預かりもそうで、2か月前には予約してるのよ。」

「・・・。」

 

その後、私はまた夫に。

「乳幼児健診の案内が来てるわ。」これこれこうでね、と話し続ける。

夫は何を思ったのか、

「いつあるの?」

「某月某日よ。」と私。

「休みとれるかな・・・。」

は?

「え、休みとるって・・・行ってくれるの?」

それから、またしばらく間。

 

何を思ってそんなことを・・・別に健診くらい私行くけど・・・。っていうより、世話を主にしてる人が行くもんじゃ・・・。さっきの、嫌味がきいてるのかしら・・・。

それにしても、それから何も言わないので、私から

「ねえ、休んで、健診行くの?」

「・・・、とれたらな。」

「・・・。」

夫・・・、まさか、私と息子についていくということだけでは。まさか、夫が息子を連れて行くというのは・・・。ついてくるだけじゃあ、却って邪魔なような気もするし・・・。

 

夫はまたとんちんかんなことを言う。

「健診って、血をとったりするのか。」

「は?」

血なんかとらないわよ~。そこまで丁寧にしないって・・・。パッと見の成長の感じを見られるのだから・・・。あなたが受ける健康診断、ドッグではないわよ・・・。

夫はまだ浮かない顔。きっと自分健診と重ねてるのだ。幼児には幼児の診るところというのがあるというのに・・・。

夫に行ってもらっても面白いかもしれない。

まあ、私的に聞きたい、気になることもあるし、保健師さんと面談したい気もするが、どうしてもというほどでもない。夫でも面白いかも。

そして、恐怖の歯科検診。

着替えもあるだろうし・・・。

夫と息子の様子をこっそりみてみたい・・・。

 

でも、夫は自分は付き添いと思ってるかもしれない。

そういえば、初めての予防接種のとき夫についてきてもらったりした。雪のときもあったり、首の座らない息子をつれて、夫がいてくれて助かった。何枚も問診票を書かなくてはいけなかったし、助かった。

付き添いも悪くはない。

でも、3歳の健診だからね・・・。あれから、時は流れた・・・。

そして、係の人たちに、イクメン風情をふかしても、実際はそんなことはないし(!)見た目だけなんて。見えはりとかそういうのも嫌だし。

付き添いは、いらないと思う・・・。

 

まあ、休みとれないと思うけど、それでもいいし。

夫、ちょっと的外れな気もするし・・・。

まあ、もういいよ・・・。一応、気にしてくれたんだね・・・。