読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

やっぱり心配

前回の幼稚園のプレクラスは、母親と離れて園児のクラスに行く、というものだった。

どうかしら・・・、私はひょっとしたら行ってくれるかなという淡い期待を持っていたのである。

が、先生からは、早々「一緒に行かれてもいいですから。」など直接言われ、わが息子の母にべったり感というのは傍から見ても・・・なのであろうか。まあ、マイペースというのはかなり理解してもらっているとは思ってはいたが・・・。やはり、無理か・・・と思った。

 

さて、先生方は作戦で子供らを連れ出そうとしていたが、土台無理なんじゃ・・・、すでに泣き出す子、それでも、先生につられて出かける子らもいた。私は息子を抱っこして向かった。

が、部屋には入りたがらなかった。入ると泣く。「え、ママも一緒なんだけど・・・。」どうしたことだろうか。その前の、園児のクラスに母親と一緒にお弁当を食べに行く、という回は、息子は素直に従い、部屋に入っても緊張は見えるものの普段通りであった。

泣き声は止まない。ひょっとしたら、そのような空気を読み取ったのか。それは子供らだけでなく、大人の変な緊張感も。今から子供たちだけを連れていくという少しだましの緊張感。大人のちょっと無理のある感じ。

仕方ないので、部屋の外にいた。

部屋の中では、本読みが行われていた。泣く子は増えていく。仕方なく、母親も降りてくる。この子は泣かないであろうと思われる子までも泣き出していた。

なんだかなあ・・・と。

こういう、少し親と離してみる、というプログラムはなるほどかと思うが、一方、無理な感じは否めないというか、無理にしなくてもなあ、と思った。どうせ、入園したら、泣きながらでも行かないといけないのだし・・・。

私は、息子を保育園にときどき行かせているので、あの預ける際の別れ際の号泣というのは、それでも慣れてきているが、ないような人に少し体験というのは、ありなのかなあ・・・とか。

こうして中途半端なのが、一番つらいな・・・と思った。保育園なら、先生に預けてしまえば、もう、私はあとは知らない・・・なのである。それは、子供の方にも踏ん切りがつくそうで・・・。

わんわん子供らが泣く様は、かわいそうに思えてきたり・・・。

 それにしても、泣かないのは女の子が多かったようなのは気のせいだったのだろうか・・・。

 

息子君、やっぱり私と離れなかったよ・・・とか、まあ、子供の泣き声の大合唱はすごかったなどと、私の母に言った。母は幼稚園に勤務していた。事務だったけど。

「まあ、(年少クラスの)最初の方の参観日なんてひどいわよ。参観どころではないよ。」

なんでも、母親らが見に来ると、園児らは一斉に大泣きするらしい・・・。

「(お母さんが来てるのだから)嬉しいはずなのに・・・。」

思い出した。保育園に預ける際の案内で、「(子供らは預ける時)泣きます。そして、(親が)迎えに来た時も泣きます。ですので、ずっと(子供は)泣いていたのかと思われるみたいですが、違います。」というようなことを言われたのを。ずっと泣いてる子もいるのかもしれないが、ほとんどの子は、しばらくすると、泣き止みなんとか過ごしているようである。で、親の姿を見ると、気が緩むというか、抑えていたものがあふれるのかもしれない・・・。

子供なりに、頑張って過ごしているのかと思うと、幼いながら健気だなあと思う。

「どんな優秀な先生でも、母親の方が(どんなにか頼りない母親でも)いいなんてねえ・・・。」と私の母は言う。

 

 

 今、プレに通っていたりしても、息子はきっと泣くだろうな・・・、それより教室に入ってくれるのだろうか・・・。バス通園なので、そこから先は知る由もない・・・。

バスから降りて教室までは結構距離がある・・・。息子は進むのだろうか・・・。

やはり心配はつきない・・・。

そんな厄介なものを面倒みてくださるのだから・・・。

先生方はすごいな・・・と思う。