読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

最も思い出深いものだった・・・。

ジュニアシートを買いに。

長らくお世話になったチャイルドシートはついに卒業・・・。

長らく・・・と言っても3年なのだけど・・・。長いのか短いのかわからない・・・。

ベビー用品で、まず必要となったトップだと思う。これだけは産前からの用意は必須であった。

お世話になった・・・。息子を守ってくれてありがとうと言いたいくらい。

退院後、すぐに息子を乗せて実家に帰り、最初はアタフタと装着。実家から、自宅へ帰るときも約3時間の旅。帰ってからも、もっぱら移動は車。ベビーカーはまだなかった。暑い季節のとき、チャイルドシートの中で、汗だくになっていた息子にびっくりして、それからは、気を付ける日々・・・。

こちらに引っ越してもこれまた車が便利。お昼寝をさせる時間にはシートで寝かせるため出かけたりもした。

 

ところで、装着、最初も手間取るが、やっぱりその後も手間取るものだと思う。

母の習い事の先生も、「あれ、難しいわよね~。イライラするわよね~。」と。「駐車場とかで待っていても、(出そうな車)子連れでシートに乗せてるようだと中々なのよね~。」とか。そうそう・・・。自分でするにも手間取ることがある。バックルは左右合わせて入れ込まないといけない。なぜか入らない・・・。きついのかしら・・・。それでも、私は、頻繁にしてるからマシな方だと思う。夫。回数が少ないせいか、遅い。私、イライラする・・・。

 

最近は、息子も大きくなってきたので、赤ちゃんのときから使っているチャイルドシートもガッチリ過ぎるようなきがする・・・。シートの高さもあるので、乗せるのも一苦労・・・。我が家の車は、小さい子がいる向けの車ではないと思う・・・。なんていうか、スライドドアで広くて高さ(天井高というのかしら)のある車がやはり楽だと思う。

 

ようやくジュニアシートへの移行である。

 

チャイルドシートよりシンプルになって、装着も楽である。ベルトも大人と同じように車のものを使う。歳が進むと、最後辺りには座面だけになるそう。

早速、店の帰りには、セットして息子を乗せた。

 

 

ところで、息子はイヤイヤ期絶賛中である。私は2歳がピークだと思っていたが、3歳もまだまだ・・・。しかも、意志がよりはっきりと強くなってきたのもあり、「いや!」の言葉が力強い。

この買い物ですら、イヤイヤは出てくるのである。幸い、店の中ではおとなしく、おもちゃなども売ってるお店なので、息子は欲しがるな~と思いきや、何も言わない。ときおり、気になるものの前に行くくらい。途中、約束のボールを買うとき、夫がどっちのボールがいいか?と訊いたときは、好きな方のボールを指さした。あとはだいたい私の手にひかれてついてきた。公の場ではだいたいおとなしい息子をみれば、日頃の暴君ぶりにおののいてるのが、少しは和らぐというか・・・。

 

が、駐車場ではイヤイヤの嵐だし、とりあえず、購入したシートを車に置きに来ただけなのに、息子はお店に戻るのを嫌がり、車に乗りたがった。本当にシートを買いにきただけとなった。息子の靴も買いたかったし、夫はズボン類を欲しがっていた。やはり、息子を連れての買い物はやはり難しいのかもしれない。そして、少しお茶でもしようかとも思っていたが、それも許してはくれないのだった・・・。

夫に「いつになったら、お店でゆったり3人でお茶できるようになるんだろうね~。」とぼやいてしまった。「でも・・・、(今の息子君の状態なら)むしろ、家でお茶した方が楽なんだよね。ゆったりできる。そうだ、お母さんからケーキもらったから、帰ったらお茶にしよう。」と。

休日のショッピングモールというのは、案の定、混んでいたし、あまりこないところだったので、息子もなれなかったのかもしれない。夫はもともと人ごみは苦手だし、私もこのところ人が多いところは嫌である。休日のお店・・・というのは、避けた方がいいな・・・と改めて思った。

 

息子は、家に着くころに、こっくり、こっくりし始めた。機嫌の悪かったのは眠いせいもあったのだろう。

新しいシートは、前のにくらべて、垂直気味で、息子は少し難しそうである。

少し、傾かせれないかなあと思った。

 

自宅の駐車場についても、息子は機嫌が悪かった。すべて、自分の思うようにいかないと気が済まないようなのである。

まあ、それでも、なんとか息子に手を洗わせ、ケーキを切った。

 

息子はたくさん食べた。

 

お世話になったチャイルドシートは、早速処分しようかの話である。

勿体ない気はする。が、譲る人もいないし。義兄の話では、姪のチャイルドシートは結構使い古した感じになったとか。(一応、我が家に譲ってくれないかなみたいな考えになったとき・・・。)安全が一番のものだし、購入に至った。我が家のは、色のせいか、あまり汚れも目立たない。でも、洗ったこともないし、汚いとは思う。

耐久性としてはまだ使えそうだが、が、どうしようもなさそう。夫はリサイクルショップにもっていっては、と言ったが、さすがに、少しはきれいにしないといけないと思い、それが面倒なので、私は、もったいないけど、処分・・・ということに。

ハイローチェアは、きれいにして、中古品として売ったのであるが・・・。チャイルドシートは重いし・・・。

 

息子を守ってくれた実に思いで深いシート。

あっさり手放すのはいたたまれない感じもあるが・・・、持っていてもいつかは処分するものだし・・・。ごめんね・・・。そして。

 

ありがとう、息子のチャイルドシート