読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

散歩

昨日の体調不良は何だったのだろう。

今朝は眠いものの、昨日よりはスッキリと起きられた。

 

午前中は、息子と夫は公園、私は買い物。午後は、父と母が来た。母の忘れ物を取りに来るため・・・。

 

私はその間、地味な大掃除。

換気扇のところのレンジフードとかいうやつかしら。傘のようになってるところ。

ホコリがある・・・と気になりつつ、放っておいたのだから。

換気扇は、フィルターをしてるので、中はそう汚れていないはず。フィルターはこれまた久しぶりにかえた。フィルターはオプションでつけたもの。換気扇の掃除も頼めばしてくれるそうで、高いのかもしれないと思いつつ便利そうなので、まずは購入してみたのだ。なので、細かい掃除はしない。

後は、冷蔵庫の上も気になったのだが、また今度・・・。

 

父と母が帰ると、息子は機嫌が悪くなった。ジイジと遊びたかったみたい。

仕方ないので、外に行く。外に出ると、息子は車に乗りたいみたいで、夫はキーと財布を取りに帰ろうとするが、なぜか息子は許さない。仕方ないので、夫婦ともども財布無しで出た。玄関のキーだけ持って・・・。

夕方近くである。公園を過ぎて、川の方まで来てしまった。引き返そうとするが、息子は嫌がる。仕方ないので、また真直ぐ進んでいく。川を渡り、駅についた。

「お金ないから、電車には乗れないよ。」という。

この日は、空がくすんでいるような日だが、それでも陽が沈むのはもう少しかもという感じだった。いい加減引き返すように誘導する。

川に戻ると、川の中州に(潮がひくと水位が下がる)鳥がいた。白い鳥の群れと、黒い鳥の群れ。息子も楽しそうに見る。

 

川沿いをずっと帰りながらようやく着いた。

外は、だいぶ暗くなっていた。

 

一時間くらいは、散歩をしていたと思う。大人の足なら、たいしたことのない散歩かもしれないが、だいぶ歩いたように思った。