ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

ついに患ったか・・・。

「王女の男」

どんどんシリアスに。というかスンユは、危機というか、生きているのが不思議なくらい・・・。運の良さで、なんとか生き延びてる・・・。

ボロボロなスンユだけど・・・それに反してというか意地悪なのか私、スンユが素敵と思うように・・・。

ふふ、もともとこのスンユは少女マンガ的ヒーローなのよね・・・。美形というのは必須で・・・。そして、強いんだよね。強い。確かに文武両道とは納得だけど、にしても強すぎるよ・・・。もう、少女マンガ的ツボというか。一見線が細そうで・・・、で、脱いだらすごいんです・・・。水浴びのシーンはサービスだろう・・・。付属品もいたけど・・・約一名(スベクヒャンに出ていた人よね)まったく、こういうシーンはありね~「王と妃」ではなしよね~。特に誰のセミヌードも見たくないというか・・・。

は~、ヒロインのセリョンより美しいし・・・。セリョンはどうもイモっぽいというか・・・。どこまでも共感しづらいというか。

美形とは思っていたよ。確かに、官服姿が美しい、とか、スンユ患い、とか、そんなのを目にしたよ・・・。でも、私には、最初はなんかヘラヘラして見えるというか、軽い兄ちゃん。まあ、若い人だから、それが普通なのかもしれないけど・・・。最初はちょっとシン・ミョンの方がかっこよくみえない?

それが、謀反の日から・・・。ボロッと(乱れている)姿にちょっと、お!と。

私って、意地悪なのかな~って。両班スタイルの乱れてるところが、ツボだったという・・・。罪人スタイルはちょっと行き過ぎかしら・・・。ま、それでも、顔立ちのせいだったり品はあったり。良家のおぼっちゃん、というのは誰がみても察しがつくものと・・・。

 

スンユは、どんどんダークになってくようで・・・。イニョプのウンギみたい・・・。

少し顔の雰囲気も同じ系統??上品な顔、というか。

愛と憎悪というのが、紙一重というところ・・・。それにしても、忍者スタイルのようなスンユも中々。ヘラヘラ見えていた顔がキリリ。

それにしても見ていてしんどいドラマ。面白いシーンも一息つけるようなエピソードもなし。(歴史ものには、ときどきあったりして、いいアクセントだったり。大王世宗はなくとも、どこか面白く見えたり、愛すべきキャラクターというか・・・)

どこまでも首陽大君側の汚らしいやり方が勝手いくのみ・・・。救いがない・・・。もう、とにかく臣下たちの動きが憎たらしいのよ。首陽大君はどちらにしろ葛藤の中に生きるのでしょう。「王と妃」を見ていても、かわいそうな感じもして。

取り巻きたちが、とにかく嫌な話

もう、半分は過ぎてるけど、とことん追いつめられるばかりでしんどい~。

誰か、笑いを・・・。

唯一の救いは、スンユの兄のお嫁さんとその娘がなんとか助かって、かくまわれていること。

どうも、子供、そしてその親など保護者などが、窮地に追いやられるエピソードはいちばん辛い・・・。暗殺シーンは、本人たちが無残なのはもちろん、そこに居合わせてしまったこの兄の家族たち・・・。こんなに小さい子が、父親と祖父の惨殺な死を目の当たりにするなんて・・・。

セリョンが救った。これはよくやったセリョン。スンユが一番案ずるもの、父親、兄を失って・・・。そして、セリョンの優しさ。よかった~。

子供がだしに(?!)使われる・・・というのは、よくあるのだけど、それでも効果的なんだよね・・・。「大王世宗」でもよくあった・・・。わかっていても説得力があって・・・。