読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

王女の早とちり

「王女の男」観始めると、話が短めなだけ展開も早いし、またもや楽しみな話となった。

相変わらず、少女マンガチックだけど(そしてちょっとセクシー系というか・・・あのブランコのシーンって・・・。この二人、話の中でそういう関係にまでたどりつくのかしら??)、前回の終わりで、ヒロインの相手役、キム・スンユが矢に撃たれ、スリル感も出てきた。一気に不穏な方向へ・・・。

首陽大君がはなった刺客・・・。首陽大君側はどんどん動いてるようで・・・。

この動きがちょっとわからず・・・。あらすじを再度読む。

そもそも2話の途中から観始めたので、当然なのだけど、私はてっきりスンユとセリョン(主人公、首陽大君の娘)の婚約は決まっていたことなのかと・・・。

首陽大君が政敵、キム・ジョンソにお願いしていただけらしい・・・。キム・ジョンソはそもそもそんな気はなかったのか、それより、そんな首陽大君の動きを王の文宗が懸念し、自分の娘こそキム・ジョンソの息子、キム・スンユと結婚させるとの宣言。

文宗は、キム・ジョンソに補佐をしてほしいとはっきりお願いをし、忠臣キム・ジョンソの決意はより固まったのだろう。

そして、首陽大君とは、はっきりと敵になってしまう、ということになった。

そうなれば、いいなずけに・・・と思っていたスンユは反対に、邪魔ものになってしまったのかもしれない。さっさとやってしまおう・・・と。

うーん、悪いね。

 

それにしても、さらにおかしいのは、セリョン。

はっきり言って、婚約者ではまだないのに・・・。どこで情報を仕入れたのか、父親の首陽大君から聞いたのか、いや、盗み聞いたのか・・・(そんなことをしそうなお嬢様なので・・・)

ああ一人先走ったのだなあと。

まあ、らしいのであるけど。

ヒロインのセリョン。大君(王の子供、世子以外の)の娘、姫でありながら、おてんば、じゃじゃ馬。

これが、彼女の不幸、の始まりになってしまったわけで・・・。そして、この物語の始まり・・・。

(ちなみに、セリョンという姫は実在はしなかったらしい。)

婚約者と思い込んでいるスンユを偵察し、恋に落ちてしまったという・・・。

 

スンユ暗殺に失敗した首陽大君は、汚らしい方法で策を実行していくわけで・・・。

イライラする・・・、首陽大君より、臣下のミョンフェって奴が癖があるよね~。

焚きつけたんだろうね、首陽大君を、と。(「王と妃」というのを少し観たことがあって、こちらは、史実系で長い話・・・。このクーデターのところも出ていて、まさに「大王世宗」の続き的な話。首陽大君を焚き付けているような臣下をみてね・・・、きっとこのミュンフェってやつよ。)

で、このいやらしい人たちが、結局は勝利してしまうという・・・。このいやらしい策が成功していくわけね・・・って、とっても心地悪い・・・。

まあ、この先、嫌な予感しかしない・・・。

(イニョプは、最初がどん底で、で、まあ、何とかしていくんだろうなとハラハラしながらも思うし、とにかく、高麗復興勢力は衰退して、太宗(当時の王)が成功するのだし・・・。)

しかし、憎たらしい首陽大君ではあるが、きっと葛藤するのだろうな・・・と。それは、勝利しても、愕然としてしまう、ひっかかりがあるものにはなると思う。

愛する娘の不幸・・・。それは自分が引き起こしたものでもある・・・。

「お前をお嫁に出したくない・・・。」まで言っていたシーンがあったので、普通の親同然娘は愛すべき存在であると思う。

やっぱり、憎むべきはミュンフェら臣下たちなのかな・・・。

首陽大君も、太宗的な(役者一緒だし・・・)葛藤の顔がみれそうで・・・。そうだったら、ちょっと深みが出るかしら??

 

シェイクスピアっぽいかも・・・とふと思うのだけど、ああ、韓国版ロミオとジュリエットと銘打ってるし、なるほどね・・・と。

それにしても、「スベクヒャン」もシェイクスピアっぽいのかも・・・と思ったりしたこともあって。シェイクスピアちゃんと読んだことはないが・・・。

首陽大君もやはり注目かしら・・・。

そして、他の人物も。二人の関係は、巻き込むし・・・、文宗の娘、王女。そして、スンユの友人・・・。