読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

お盆だった。

幸いなのか、今のところ、嫁いだ先の家族のトラブル、帰省がゆううつに思えてくるような思いなどはないほうである。

もともと、夫は、実家に縁が薄いタイプというか執着が少ないようである。

次男ということもあってか。

私自身、夫の姓になったものの、嫁いだ、という感覚は少ない。

むすこが小さい今時期は私の実家に大変世話になってるし・・・。サザエさん状態である。

私の実家の方が近いということもあり。

 

結局、夫の実家に帰省したのは一年ぶりであった。

遠くはない。同県内なのだし・・・。日帰りでも可能な場所である。

夫も、本当に、実家より・・・というタイプではないのであろうと、つくづく。

こちらの方が促してしまうくらいだから・・・。

 

そして、夫のご両親は、優しい方である。

 

こんなにご無沙汰してしまって、申し訳なさはあった。

義父が病気療養中というのもあって、遠慮はあったけれど・・・。

 

夫も、40近くになって私を連れてきたし、ひょっとしたらご両親は、私へのチェックもさほどでもなかったのかもしれない。優しいご両親に対して、失礼な思いだけれど。そう思ってしまうほど、私は至らないのである。

 

夫は、3兄弟の真ん中であるが、兄、弟とも結婚していた。

 

夫のお母さん、義母は、外部からの女性、つまりお嫁さんを数人みることとなる。

そして、それは、3人のみならず、兄と弟は再婚ということで、5人の女性をみていることとなっている。

 

思われることはおありだと思う。

そもそも完璧な人間などいない・・・。また失礼ながら深読みなどしてみても・・・。

 そして、息子の嫁・・・。私の息子も結婚したら、私も思わないでいいことも思ったりするのであろう。業だ・・・。

 

 

全部違うタイプの女性なのだろうか。

私が知りえるのは、義兄の現お嫁さん、義弟の現お嫁さんだけなのである。

これも縁なのか、前のお嫁さんをしらない。しかし、義弟の元お嫁さんは、ニアミス的であった。会う機会もあったはずなのだが、なぜかタイミング的に会えなかった。別れられる前には、早く会ってみたいな~と思ったりもしたものだが・・・。全く、縁だと思った。

 

今の、義兄のお嫁さん、義弟のお嫁さん、私・・・。全くタイプが違う。

そもそも、夫の兄弟もタイプは違う・・・。

そういえば、それぞれに沿っている嫁かもしれない。

義兄のお嫁さん、さすが、長男のお嫁さんということで、しっかりされている。

本当に、お姉さんである。実際、年齢は、私より2歳くらい上か・・・。

でも、でしゃばりというタイプでもなく、あっさりとしている。

義兄家族が、やはり夫の両親のところによく行っているらしい。

こういうこともあって、私は安心してるのである。無沙汰をしたり、夫があまり両親に連絡をとらなくても。

義弟のお嫁さん。私の後に、来られた。年齢も私より下。

明るい、お調子者的だけど、憎めない方。行動力が一番あるのかな・・・。

このお嫁さんのおかげで、私もより肩の力が抜けてしまったというか・・・。夫も「××さん(義弟の嫁)、よく寝てるし。(ナオちゃんも、気楽にやったらいいよ。)」

お義姉さんがしっかりなので、ああ、私って・・・と気持ちばかりウロウロしていたのであるが・・・。(行動は供わない。)

 

で、私。

一番目立たないタイプであろう。登場回数も少ないし。

存在感がない。きっと、なんて言ったらいいか・・・であろう。

食事も小食だし・・・。お酒も飲まないし。

 

この嫁タイプは、そのまま、夫たち兄弟のタイプでもあるような気がする。

それぞれ夫婦、似たもの同士・・・ということであろうか。