読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

夏風邪・たぶん、ただの・・・、と新しい小児科

また息子発熱。

今回は、咳が最初からあり。

10日前にヘルパンギーナに罹ったようで、その治りの咳としては間があるし、また体調崩したのかなと嫌な予感はしていた。

 

咳はあるが、他は元気であるので、気になりつつ普通に過ごすことに。

母がプールしようか、とか言ったが、それはさすがに止めた。

外遊びなど、少し外出したりしてみた。

が、なんか熱いような気がする。が、息子は元気なので、なければいいな、位に思っていた。が、帰りのバス、息子を抱っこしていたら、やはりいつもの熱さと違う気がする。おでこも熱い気がする。熱があるんだ、でも、まだ元気だし7度台かなと思った。

実家の方にいるので、実家で一番近い内科小児科に罹ろうかなと思った。

けれど、帰宅して、測ったらなんと38度5分を超えそうな感じ。(実家の体温計、電池がないのか、途中切れたりで・・・)

やっぱり小児科にしようとネット検索。一番近い小児科はあいにく休診。

なら、10日前の当番医でいった小児科にしようと思った。

少し思ったのだ。前診てもらったし、伝えやすかも・・・と。

でも、行く時間はかかるし、高熱なら息子も車に長く乗るのはしんどいかなとか。

しかし、それでも10日前はそれでも行ったし・・・。休日で、当番医を探して・・・。

幸い息子はまだぐったりということもなく、元気な方ではある。

電話したら予約はいらないというので、これまた気軽に出かけた。が、待つようなのかなとも思った。

それなら、自宅の方で待とうかなと思った。そこの小児科は我が家からの方が近くなる。

区は違うが、そもそも我が家が区の境辺りなので、隣の区でも近い地域はある。

当番医で行った時も、案外近いじゃん、と、今まで通っていた小児科より、これは近くなったと・・・。4月に今のところに引っ越したため。

感じもよかったので、これは、通ってもいいかなと思ってはいた。

今までの小児科もよかったのであるが、受付の感じが好きではなかった。何か暗い感じがするのである。院内は子供用にかわいらしくしてあったも、なにか暗い感じが・・・。看護師さんも優しい人はいらっしゃるが、少し冷たいような人もいた。

肝心の医師ではなく、そのあたりの印象での判断なのであるが・・・。

新しく行った小児科は、医師もよい印象だったが、看護師、受付もよかった。

行ったのは混雑する休み、当番医のとき。それでも、テキパキとされ、優しく接して下さったのであるから・・・。

小児科だし、優しい・・・という雰囲気はより求めたくなるのかもしれない。

 

さて、着くと院内は空いており、すぐに呼ばれた。混雑してるとイメージの小児科で、今回はちょっとびっくりしたが、時期的なものや、日時的なものなのかもしれない。

それにしても、予約システムもないし、新しい病院なのに珍しい気もした。冬とかどうなるのかしら・・・。このあたりは、今までのところと同じくらいに子供が多いところと思われるし・・・。

 

やはり、前回10日前に行った小児科にしてよかった。話も早いし、先生も比較して下さる。

ただの風邪だろうと思ってはいても、前回からの話と一緒にされると、より安心感や理解のようなものはある。

喉は案の定赤くなってるみたいだが、意外にも前回のときの方が、酷いような感じとのことであった。となると、前回はやはりヘルパンギーナだったのかな・・・との納得も強くなった。

確かに、前回は飲食するのを嫌がったが、今回はそうでもない。

後、先生は薬のことを聞いてくださった。小児科、あるあるなのかもしれない。

子どもが薬を飲むのを嫌がるというの・・・。

私は、お菓子と一緒に飲ませているといった。だいたいお菓子というのは、イメージすれば、プリンとかゼリーのようなものなのかもしれない。が、息子はビスコなのである。ビスコのビスケット部分をはがして、中のクリームとペースト状にした粉薬を混ぜるのである。ビスケットのもさっとした感じが、薬の癖がごまかされるのかもしれない。息子にはこれでだいたいいける。

優しそうな先生だし、混雑もしてなかったので、ビスコと言ってもよかったのかもしれないが、まあ、よしとした。

薬は、小児用の甘そうな薬であるが、まあ、それでも、嫌なものは嫌なのであろう。

一度、何も混ぜないで、息子自ら飲んだこともあるが、後はだいたいごまかしが必要である。

先生が、甘そうな薬を選択されても、あまり意味はなさそうである。

 

それにしても、こうやって気遣ってくださるのは優しい先生だなと思ったり、母にそのことを言うと、「だから小児科は大変なのよ~。そんなことまで気を遣わないといけないのだし・・・。」と。大変だと思う・・・。

 

前回と同じ抗生剤と、後は、咳を抑えるような薬をもらった。

二、三日様子見ということで。

 

ここの小児科までくると、我が家に近くなるので、我が家により再度熱を測ったら…九度超えてた・・・。が、息子は比較的元気なのである。私がこんなにあったらぐったりである。

とりあえず、座薬を入れておこうと思った。今は元気だけど、あまり高いのが長く続いても・・・と。

座薬は実家の方に置いたままにしてあるので、体温計を持って戻った。

さすがに、実家に着くと息子も転がったりして、いつも通りにはいかなくなっていた。

座薬を入れると、また元気になってしまったのであるが・・・。

 

母に、わざわざ遠めの小児科にしてしまった~、でも、前回と同じところでやっぱりよかった~と言うと、「それはちゃんと小児科の方がいいんじゃない。子供特有の病気とかあるし、内科小児科っていってもほとんど大人の方が多いのだろうし・・・。小児科なら、毎日何人も観てるから判断も早いだろうし。わざわざ遠くの小児科まで行ってる人結構聞くよ~。」確かに、いわゆるかかりつけということであろう。引っ越したりしても、そう遠くなかったら、前のところのままにしそうな人はいそうだし、信頼できるところというのもあるであろう。子供と言うのは自分で、はっきり症状を言えないし・・・。

新しい自宅でも、徒歩圏内で、病院はある。内科小児科とあった。ここでもいいかなとは思っていた。実際、前の住まいでも、少しの風邪のときには、内科と兼ねているところにも連れて行った。近所の人に聞いていたから・・・。「ひどいものでなかったら、連れて行ってるよ~。」二歳の子だった。

近いというのは、選択するときの一つのものである。が、やはり、まだ子供のうちはかかりつけの方がいいのかもしれない。先生もみたてがつきやすいかもしれないだろうし。

近いと言っても、熱があったりしたら、車で行きたくなる。自宅近くの内科は車を置くところがあるのかふと思ったり。この日行った新しい小児科は目の前にあるし・・・。

 

さて、今回の原因と思われるのは・・・。

エアコンかな・・・。

寝るときの。

付けないと、息子は汗だくになってることもあるし。

エアコンは風がよくないのだと思う。当たらないようにと思っても当たっていたのかも・・・。