読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

行きたい・・・。

今回は日本のドラマ。

もう観ないとしていたのだけど、母が録画していたのを見たら面白いので・・・。

さわやかだな・・・と。

まだエグいようなエピソードはあるのだけど、歌のおかげでさわやかさはあり。

 

高校の合唱部のドラマ。

毎回何かしらの歌が出てきて、口ずさんでしまう、口ずさみたくなるのだな~。

 

合唱には一軍も二軍も圏外もない・・・。

競争もなくただ、皆が必要で、ハーモニーをつくるという・・・。

 

今回は「翼をください」だった。

このところのちょっと沈んだところを突かれたのか、心が清々しくなった。

 

こんなに何もとらわれずにいることが、理想なのかもしれない・・・。

 

それから、

生徒たちのごめんなさいと言い合って、復活するところ。

最初、謝りながらも、謝ってない人もいたけれど・・・。この人の件は中々難しそうなので、最後あたりだろうか・・・。

いまどきこんな爽やか??と思ってしまう程、当たり前のことを麗しいと・・・。

 

悪いことをしたら謝る。そして、許す。

こんなにさっぱりでいいの?のごめんなさいと、いいよ。

でも、これでいいのだろう。こうありたいと思う・・・。

 

 

そして、母親目線になるのもついつい。

これくらいの歳になると親ができることは本当に少なくなってくるのであろう・・・。

友達っていいな、と思った。

息子にもいい友達ができますように。

息子に望むことは、良い出会いがある、ということだけである。

これだけは神様お願いします、である。