読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

親が決めそうなものであるが・・・。

どこの幼稚園にするかどうかは、親が判断するものであろう。

が、思いのほか、我が家は先に息子の声が上がってしまった。

「××幼稚園に行く!」

 

もちろん、たまたまのことである。

 

先日は、候補のうちのあやめ幼稚園(仮名)の園開放があった。

一番近くでもあり行ってみることに。

人気の幼稚園であると思うし、テレビドラマにあったような幼稚園にも思えたり・・・。普通だよ、という声や、やっぱりセレブだった・・・と両方の意見はあるものの・・・。それでも、受験をする子が多く通うと聞く。

一部だよね・・・と思いつつ、園の雰囲気などなどで、今のところ私は違う幼稚園が第一の候補にしてはいる。

 

人気ということもあってか、先だって、幼稚園プレ体験の申し込みがあったが、すぐいっぱいになったようで・・・。私はのんきに申し込もうとページを開いたら、すでに締め切られていた。およそ一時間前ほどにである。

少し驚いた。今体験に行ってるのは第一候補のひまわり幼稚園(仮名)である。ひまわり幼稚園は、締め切りすぎて申し込んだし、いまだに、入ってくる人もいたりするのである・・・。

 

この園開放の日は、夫は午前休みで、息子の相手をしていた。

息子は動画を見るのが好きで、一応夫がいるときだけということにしている。だから、この日の朝も、ここぞとばかり夫に立ち上げてもらい観ていた。

観始めるとしばらくははまってしまう。

(子供にパソコンなどさせない方がいいのかもしれないね。我が家はやってしまったので・・・。)

なので、出かけようとしても息子は離れたがらなかった。

夫がいていいような悪いような・・・である。

ようやっと出かけられると思ったら、パソコンより魅力のあるものを思ったのか「キドキドに行く!」と言い出した。

息子は言い出したらきかない。

出ても、キドキドに行くのにはバスに乗って行っているから、バス停に行きたがった。

仕方ないので、抱えて、幼稚園まで行ったが・・・。

 

最初から、機嫌が悪いスタートとなったのである。

園庭に入った時、一度は、魅力的な滑り台が目に入ったものの、私もわからず、なぜなら園庭には在園児があふれており、行っていいのかなとためらったのである。

これも、息子には悪かった。また自分のしたいことをふさがれたのである。

機嫌の悪さ倍増である。

そして、息子も園児の数に圧倒されたのかもしれない。そばのうさぎ小屋から離れなくなってしまった。

どうやら、園庭に自由に待っていていいようであった。

が、誘ってももう駄目だった。

ついには、

「ひまわり幼稚園に行く!」と言い出した。

たまたまである。いつも行ってるひまわり幼稚園の方が馴染みがあると思ったのであろう。

が、私はやっぱり息子君はひまわり幼稚園か・・・と都合よくとらえた。

 

確かに、ここは人口密度が高い。

園児の数に対し、園庭があまり広くないような・・・。

じっさい、園庭もこじんまりとしてるし、園児も多い。

私には理想でない・・・。

魅力的な幼稚園だと思う。何もかもが行き届いているイメージである。

××式とかいうような形もとってないし、自由とお勉強、バランスもとれてるのかもしれない。

が、それでも、厳しめという声は聞く・・・。

それに、息子は公立に行くのである。それ以後はこんなに行き届いていないだろう。

もっと、大雑把な(いい意味で)ところの方が却っていいかも・・・。

親がレールをしいてやれるならそれはそれでいいが、我が家はそうはできない・・・。

それなら、息子が楽しそうなところがいい。

そして、私の思いもあったり・・・。

私が行っていた幼稚園はどちらかといえば、お勉強系だったと思う。

幼稚園ですでに作文を書いていた。

そして、超マンモス園。

ほとんど学校である。

妹は違う幼稚園に行ったが、人数はこんなに多くなく、どちらかといえば、アットホームな幼稚園だった。それがうらやましかった。

まだ幼児のころは、大人の方が子供を気にしてあげないといけない。

「こう思ってるんだね。」と細かいフォーローが必要な気がする。

特に内気な私は、妹のアットホームな雰囲気をうらやましく思っていた。

 

だから、息子には、先生と園児の距離が近くなれるような幼稚園がいいなと思っているのである。

お勉強が入ってしまうと、先生の方もそちらに気を取られるだろうから、あまりないほうがいいなと思う。

私が幼稚園の頃に作文が書けたからといって、今どうってことはないのであるから。

却って、消極的な性格はそのまま・・・みたいな・・・。

 まあ、一概には言えないことだし、子供にもよるのであろうが。

 

それでも、息子の方から、ネガティブとはいえ(そのとき息子にとっては幼稚園はどうでもよかったのである。(いずれの)幼稚園<キドキドなのであるから・・・。逃げの言葉であろう。)ひまわり幼稚園、の声を聞けば、ああ、そうね、と決断が楽になった気もするのである。

 

そして、意外にも・・・。

ひまわり幼稚園はバスで通うのがいいかなと思った。

あやめ幼稚園は徒歩になるであろう。

バスだと乗ってしまえば、もうこちらのもので・・・。

この日も、最初キドキドと言ってしまっていてもなんとか車に乗せてしまって、たとえばひまわり幼稚園に行ったら、それはそれで遊び始めたかもしれない・・・。

徒歩だと、息子の足が進まなければ着かないのであるから・・・。

幼稚園に行くのをためらうこともあるだろう。

でも、バスに乗ってしまえば・・・なんて思ったのである。

息子は乗り物好きだし・・・。