読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

七夕

今日は実家近くの幼稚園の園開放に行ってきた。

七夕・・・ということで、笹の葉に飾りを・・・。本物の笹でびっくりした。

何十人分も・・・。贅沢であるなと思った。いまどきね・・・。

小さい子といると季節感ははっきりと感じられる。

ああ、もう少しで七夕なんだ~と。

 

案の定、園内をウロウロする息子。

女の子に話しかけられた。

「誰のママ?」

「・・・。この子のママよ。(息子を指しながら)まだ幼稚園には通っていないのだけどね。小さいからね。」

それから、その女の子は、自分の名前を言ったり、年齢を言ったり、4歳とか。

無邪気に話しかけてくる子というのは、だいたいどこにでもいるものである。

それにしても、誰のママか~。

何、すでに世渡り上手な感じ??ママリサーチしとく感じ??

女の子は人に対しての成熟が早いとか聞く・・・。

母も、「年長さんなんか、もう女子高生みたいよ・・・。」とか言っていたような。

姪も出会ったときは年長くらいだったが、なんだか気を抜けないなというような感じはした。男の子なら、もうちょっと気を遣わないような接し方でも大丈夫そうなのかも・・・。

 

部屋の扉を開けたとき面食らった・・・。

真っ裸の男の子が走り抜けていったようで、私の眼はちょうど、彼のお腹辺りに向いていたようで・・・。

年長クラス。泥遊びをして泥を落とすため水浴びをしていたらしい。

すでに、もう見るのをためらってしまうな・・・と。

近くにいた先生についそういってしまったのであるが、

先生は笑いながら「まあ、気にしてませんから。」

「はは・・・本人が気にしてないだけですよね。こっちはちょっと・・・ですけど。」

女の子ではさすがに真っ裸になるまでは脱いでないが・・・。

前回の幼稚園でも、プールをしていたようで、何度かおしりを見た。

男の子だよね…たぶん。