読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

勇気

幼稚園の体験クラスに、息子も慣れてきたよう。

私も最初は違和感、緊張だったし、お互い・・・ということであろう。

私にとっても久しぶりの「社会」なのである。

 

それにしても、平和な社会である。

幼い子の社会だから・・・。

こういう場にでると、そもそも子供とどう接したらいいのかわからないというような初心者ママである私にとっても、勉強にもなるし、勉強というか母親の姿勢というものが改めて備わる気もする。なんていっていいか・・・つまり、人間は所詮社会性のある生き物なのだなあと。周りの人によって、また自分ができてくるというか、ふるまえるというか・・・。

真似をするつもりはないが、周りのお母さんたちの様子をどことなくとりいれ、私もまた息子に接する。特に、上にお子さんのいるお母さんたちは慣れたものである。そういうものを知らずに吸収することもありそうだ。もちろん、こうやったらいいのか・・・と意識してすることもあるが。

何かで聞いたが、群れでないと子育てができないという動物がいるという。象だったかな・・・。わかる気もする。人間もそんなところがあると思う。

知能が高等な動物はそんな気もする・・・。

 

それから、まあわかっていたことではあるが、若いお母さんが多いなと…私にとって・・・。お昼を一緒にとった方は、30くらいの人ばかり。10歳もちがうなんて!と軽い驚きでもある・・・。まあ、私が歳いってるというだけのことなのであるが。

若いということもあってか、元気だし、育児にもポジティブな感じである。

実際、二人以上の子供を育てている人も多いし、今後もほしいというような。

歳の近い子なんて大変である。特に、二歳の子がいるような・・・。下は0歳から一歳、もしくは、上がようやっと幼稚園に行ったとか・・・。この辺りは特に大変だと思う。

それをこなされている方が比較的いるのであるから・・・。

こういうところにいると少子化というのが別世界にも感じたり。

一人っ子というのは我が家だけのような気がするほど・・・。

 

てんやわんやしているけど、(下の赤ちゃんは連れてこられる方がほとんどなので)それでも、とにかくこなしてるのであるから・・・。

 

単純に、私も頑張らないとと思うし、二人も抱っこしている(荷物つき)のを見ると、いたたまれないような気持ちにもなるし。

何かの本で読んだが、子育てをする勇気のあるお母さん、と一文が思い出される・・・。

確かに、一人でも大変だけど、二人、それ以上・・・勇気としか思えない気もする。

そしてその次は、責任、使命感かしら・・・。