ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

女は度胸・・・?

保育園と幼稚園、続けて行く日があった。

そんなためか、対比してしまう状況に。

 

保育園では預けてしまっているので、先生からの話、メモで様子をうかがうくらいである。迎えに行くと、にこにこしていた息子。「寝たん。」というから、「お昼寝したんだね~。」と私。

先生からも、「息子君、よくおしゃべりしますね。」とか、特に迷惑をかけている様子もなく、メモをあとから見ると、「片付けしてから外にでる。」とえらいね、と先生のコメント。こういうのを読むといつも、え~っ!と。どうやら、息子は外面がいいよう。家のわがままぶりからは信じられない・・・。

 

おおむね、心配なく預けることができ、そのうえ、母は楽ができる。リフレッシュもできる日なのである。

そして、幼稚園。これは一緒である。

さあ、きたよ。息子はマイペース。おおよそ、指示通りには動かない。

この日は、ホールで体操など体を動かす遊び。

息子はホールに入りたがらず、ずっと外にいた。

こんなに協調性のない息子に心配でもあるが、それでも、まあこんなものかと思えるのは、他にもそういう子がいるから・・・。数人いて、だいたい同じメンバーなのである・・・。フリーダムな子ら・・・。

 

保育園の教えてもらう態度からはやはり想像できない。

私がいないということはあるだろう。保育園の先生の誘導の仕方も上手なのであろう・・・。

 

それにしても、終わっても、園庭をウロウロする息子。

追いかけるのにくたびれた・・・。

 

 

ところで、先生が、とんぼを摑まえられて、子供たちに見せていた。

先生のとんぼをうまくつかんでいることにもおどろいていたのだが、子供たちの反応は面白かった。

みな、恐る恐る見ている。

そして、意外にも男の子の方嫌がっているではないか・・・。

で、女の子は恐る恐るではあるが、少し手を出してみたり、じっと様子を見たりしている・・・。

男の子の方が虫は好きではないかしら・・・と思いつつ、ほとんどの子がとんぼなど近くでみたことはないのだろう。

息子も「いや。」と一言、背を向けた。

未知のものである。

ふーむ。

恐れは男の子の方だわ・・・、そして、女の方が度胸があるわ~と。

まあ、だいたいの女の子はドーラの可能性を秘めてるのだろう。

ドーラもかつてはシータみたいだったと言っていたし・・・。