読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

くたびれるが

キドキドの平日フリーパス購入。

3回以上は、得になるという・・・。

ただ、我が家は交通費がかかるので、まあ結局なにかしら料金は発生するのだけど・・・。

繁華街なので、駐車料金も高い。提携駐車場は、車高制限のため停められず・・・。

バスで行くことに。近距離なので、これまたバス料金が割高く感じる。

繁華街からは離れている我が家ではあるが、便利なところではある。

交通量や信号のため、バスの方が却って時間がかかり、本当は自転車がいいのであろう。

が、私は自転車が苦手で、まして子供を乗せて走るのは無理である。

 

とはいえ、息子と過ごすことに、すごい限界を感じてきてるので、この夏はキドキドにもお世話になろうかと。一度入店すれば楽なのである。

提携駐車場に止めれれば一旦帰ってから、また行くということも可能そうである。

 

エアコンが聞き過ぎて寒かった。動き回る子供設定なのであろう。次からは羽織ものがいると思った。

案の定、息子はレールのおもちゃに長くいた。

平日なので少なく、夏休みにでもなれば多くなるだろうが、同じくらいの時間利用している人がいた。入店退店が。

 

こういうところだと息子は時間を忘れる。家だと飽きてしまい、お腹空いたとかいうのであるが、ここでは、こちらがお昼を誘っても無視である。私はお腹がぺこぺこだし、トイレにもいきたいので、パンをみせてなんとか出させた。

 

お昼を食べてもお店に戻って、店頭のもので遊び始めた。これもなんとか誘導して外へ。本当は疲れてるのかもしれないのに・・・。

が、バス停までも、ウロウロして反対方向へ行ったりと中々たどり着けない。

でも、やはり疲れてると思う。バス停からは抱っこして、バスに乗ると息子は寝始めた。

降りてからも寝ている息子を抱っこして帰る。

重い、めまいがしそうである。

やはり車が便利だろうと思った。

家の周辺で遊んでもくたびれるし、キドキドにいっても帰りがこれでは疲れも変わらないのである。

 

それでも・・・、まだ外に出たほうがいいなと思うことは。

人の親切なのである。

 

てのかかる息子を連れていると、親切にしてくださる人はいて。

今日もバスで、お金を落としたとき拾って下さった方や(降りる時拾おうと思ったら、降りられる人が先に拾って下さった)、帰り乗ったバスで、一人乗りに息子を抱っこして乗っていたら、二人乗りに座られていた方が、「変わりましょうか。」と言ってくださったり(長くは乗らないので遠慮はしたが)、管理人さんがちょうどいらして、ロックを開けてくださったり・・・。

心理学にあったと思うが、こういうのもストロークというのであろうか。プラスのストロークストロークはたくさん受け取った方がいい。心の栄養というか。

とても疲れたのではあるが、人の親切はじんわりとして、また頑張ろうと思えるのである。

外にでれば、それなりに刺激はあったりで、こういう親切やら、後は、わが身を振り返るというか。

キドキドで、元気よく土足で走りこんで来た男の子がいて、そのあとをお母さんが「こら~!」と怒鳴りながら来て、また何か怒鳴って、男の子を抱えて出て行かれた。

そこまで怒らなくていいのに・・・と思いつつ、一瞬、場が凍ったような気もしたし。が、自分もしてるかもしれないと・・・。

子供のやんちゃぶりはとってもよくわかる。それに手を焼くこと・・・。

手を上げることは、しないと思っていても、私も鬼のような声をだしていたり。

 

外に出れば、特にああいうところに行けばお金はかかるものの、子供が小さいときに、かけるべきことというのはあると思う。

実際、行けば息子は楽しそうだし。お互いの気分転換にもなる。

大きくなれば、言い聞かせることや、自分でなんとかするということもある。今はまだ甘やかしてもいいかな・・・。

と、飛んでいくものに、気持ちを割り切ろうとするのである。