ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

さすが、自分のことは。

昨日の記事のおむつのことで。先生は、紙おむつのネガティブな面をもう一つ付け加えられた。

男の子ということになるのだが、紙おむつの蒸れはよくないという・・・。

もちろん、こまめに替えれば避けられることであろう。紙おむつはずぼらになりやすいし、お金もかかる・・・。

 

保護者の中には男性が一人いらした。

カップルできていたようで。

先生は「男性がいるので少し話しにくいのですが・・・。」などと言われながらもベテランなので、「男性の生殖器は外にあるでしょう。女性は外ではないのに。どうしてかご存じですか。そうですね、男性がいらっしゃるので、やはり訊いてみましょうか。」と。改めて言われると、どうしてだろうと思う・・・。

 

女性陣の注目の中「精子を作っているから・・・。」というようなことを言われた。

正解のようであった。

 

温度をあげてはいけないところらしい。

さすが、と思った。ふと、夫は知ってるのかしら?と思った。そして、堂々と答えられるのかな~と。

 

蒸れると温度が上がる・・・ということで、この状態はすすめられないらしい。直接の原因は確定できないことだろうと思うが、将来、不妊の原因にもなりかねないと・・・。

 

トレーニングパンツはもとより、ずぼら母さんはもっとこまめにおむつ替えをしようと反省だった。

 

帰宅して、夫に訊いた。夫は「・・・温度が上がったらよくないんだろう。」と。

ま、男の人はさすがに知ってるのね~。自分のことだもんね・・・。

 

そういえば、私の父も、なぜか、どうしてしわしわなのか・・・という話になったとき、「しわがあると表面積が大きくなり温度があがりにくい。」と普段は言葉も少ないような父ははっきりと言うのである。女性ばかりなので、父の声が聞きにくいというようなことはあるが、これは皆注目であった。

 

ちなみに、赤ちゃんのころはまだ体内によりぎみなのであるが、下がって(出てくる)くるらしい。体内に入りすぎていると処置は必要らしいが、息子は普通だったのだろう。が、それでも、大人の男性からは幼いようで、この頃は、夫は息子のを見て、「息子くんのもう出てきてるな。」というではないか。母さんはそこまでは気にしてなかったのだが・・・。

 

色々勉強になった・・・。

あ、大事な事。最適温度は何度という。

33度だったかな。あ、すでに忘れてる。とにかく、体温より(たいがいはかる、腋下)はだいぶ低いと思ったので。