ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

幼稚園、2園目

2園目の、園開放に。

幼稚園によってだいぶ違うな・・・というのは、はっきりとした特色、カリキュラムがあるところ。

今回はモンテッソーリ教育・・・というのをしているところ。

そして、キリスト教系の幼稚園。

 

お仕事・・・といって、道具など使って遊ぶらしい・・・。

日常生活の道具を上手に使っていくことで自立を促すとか言う。

お行儀のよさ・・・というのが身に付きそうな感じである。

実際、この幼稚園にはプレスクールのようなものがあり、1歳半から通えるらしい。先生はマンツーマンとか。先生方も物腰が柔らかく丁寧である。私はカトリック系の学校に通ったことがあるが、それを思い出した。まさにその雰囲気。先生の中にはシスターもいて、柔らかいのである。(例外アリ)

教える側が、こういう雰囲気だと教えられる方も穏やかな落ち着いて感じにはなりそうである。

プレスクールに通っているのかもという子はわかった。道具をうまく使っているようだし、ゆっくり丁寧に扱っているようだった。男の子でも。

私の息子などは、どちらかといえばガサツな感じである。

 

体験を過ごしての感想は、息子には上品かな・・・と思った。

いい面もあると思うし、こういう環境だったら、穏やかな性格にもなりそうかなと思ったり、先生方の柔らかな感じも好印象だった。

息子も道具を使って遊んだりしていたが、トングで小さなものを移動させるとか・・・。割とすぐ飽きていたようだった。大きな動きのものは好きそうだった。郵便ポストのようなものに、封書(A4ぐらい)を入れるのとか。あとは、カタカタおちていくおもちゃとか。でも、物足りなさそうだった。飽きるとすぐ私の方にくるのである。(保護者は隣の部屋で話を聞いていたので)

先日の幼稚園では、レールのおもちゃで遊んでいた。これは息子は中々あきない。私のところにくることはほとんどなかった。乗り物を大きく動かしたり、線路を作ったり、積み木でなにか積み上げたりするのが好きなようである。家でも、乗り物のおもちゃをがーがー動かして遊んだりしてる。こま回しのように、丸いものを回してみたり・・・。新築もすでに傷だらけ・・・。

そして、息子は一々言葉に出す。「青、赤。」とか言ったり。

そらまめを房から出すときも、豆を出すとき「おはよう~。」とか言ったり。

とりだした豆の容器に手を突っ込んで、ゲラゲラ笑ったり。気持ちいいのだろうか。

先生は、意に介さず・・・という感じで。作業はおとなしくやるものなのであろう。

お仕事をすることで、生活態度というものが身に着くようで、先生が本を読もうとすると、何も言わなくても園児は集まり座るらしい。何をすべきかということが身に着くようらしい。幼稚園のイメージとして、先生が大きな声で呼びかけたり、ピアノを引き出したり、手を叩いたりして園児を集まらせるとかあるのだが。整列のトントン前のように。

 

ここは、園庭も狭いほうで遊具も少ない。

息子には色々物足りないかなと思ったり。まだ小さいのでいくらでも慣れると思うが、すでに出来上がっている部分もあり、やはり今の息子が楽しく過ごせれるところがいいなと思うのである。

自分の子が女の子なら入れてもいいかもと思った。実際口コミでも、ここは女の子の方がおおいとか。

後、縦割り保育なので、それも横割りとの違いもあるだろう。

 

それから、少し気になったのは。

会った園児にあいさつしたのだが、無言だったこと。おとなしいなと思った。一人二人だったので、子供によるのかもしれないが。しかし、一緒に行った母も同じことを言っていた。3,4人にあいさつしたが、何もかえってこなかったと。

今まで行った幼稚園は2,3園だろうか、だいたい挨拶してくれたし、挨拶のみならず、何か話しかけてくる。息子に「何歳?」とか、「ここは××するところ。」とか色々教えてくれたり。無邪気に何か言ってくる。元気で子供らしくかわいいなと。

 

上品だなあと。よくもわるくも。子供たちから、静という印象を受け取った。修道院??

周りがどうであろうと、動じないというか、ペースを変えないというか。

 

まあ、やっぱり数人だけの印象なので、わからないことではあるけれど。