読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

引っ越し

ブログの引っ越しは簡単だけど、住まいの引っ越しはやはり面倒・・・。

息子をいいわけにして、ほとんど進んでない・・・。

 

さて、息子。

まだまだ手はかかるけれど、来年は幼稚園に入るだろうし、離れる時間というのが多くなる。

今でも週一くらい保育園に預けていて、すでに私の知らない息子がいて、なんていっていいか、人らしくどんどんなっているなあ・・・と。

こうやって、どんどん離れていくのだなあと。

 

息子を離れて見るというか、赤ちゃんという新鮮な、私たちの生活を大きく変えたものが、今は慣れてきてしまい、生活ひとくるみで私もとらえたいな~と思い始めたり。ブログを移転した理由の一つにもなりそう・・・

とはいえ、まだまだ赤ちゃんのところもある息子。

保育園ではいい子にして過ごしているようだけど(本当信じられない!)、家では甘ちゃん、わがまま大王。

保育園では子供中心のスペースで保育士さんがうまく誘導されているのだろうし、息子にもすでに外の顔、家の顔があるのかも。内弁慶かな~と思ってる。ま、内弁慶でなくても誰にでもあることだろうが。

預け終わった息子に会い、保育士さんと話すと、参考にしよう、見習おう(家では全く同じはやはり無理なのかもしれないが)と気持ちを改にしたり・・・。

 

まあ、やっぱりまだまだ息子中心の日々だし、そうあるべきなんだろうな。

最近気づいたのは、質問に答えるようになったこと。会話ができてきた!なんて大げさに喜んでるけれど、単に、質問に答えるかな・・・。

夫が帰宅して、「今日はどうだった?」と息子に訊くと、「保育園に行った。」というではないか。保育園というところがやっぱりわかっているのだなあ~ということと、会話ができるというのにちょっと驚き。そのあと「きいろいトラックで遊んだ。」とかいう息子。

今までは、一方的にしゃべることばかりのような気がしたが、たとえば、車関係が多くて、「走ってる」とか「速い」とか「桜きれいだね~。」とか思ったことを言ったり。

会話・・・というところに来たのだな~と。

 

おまけ

引っ越し、とタイトルにしたので・・・。

引っ越し業者。当初は、一斉入居なので幹事会社というのがあり、そこをお願いしようと思っていたが、見積もってもらった金額にびっくり。

アドバイスもコメントで頂いたりしたので、数社見積もってもらうことに。

結局、あと一社しかしなかったのであるが、当初より、半額の金額に。

このたびの幹事会社は金額のことのほかにいろいろ不信に思うことがあり、まあ、もうあまり掘り返したくないのであるが・・・。

やはり、いくつか見積もりを・・・というのがいいのかも。調べてみたりすると、定価というものがないので、見積もって相場を自分で見るしかないみたい。

 

それから、今回は年間でも忙しい、高額なときにかかりそうだったので、繁忙期というのがわかった。結構はっきりとラインがあるみたい。今回の幹事会社はそういうところも曖昧にしてきたのも気に入らなかった。4月中なら高い料金のままふっかけようとの考えなのか・・・。

お願いした業者は、はっきりしてくれたし、近所に同じ業者を使った人がいて聞いたら、同じように教えてくれたらしい。で、その人は高くなるギリギリの前日にお願いしたらしい。

3月の下旬、今年なら20日からだったよう。この20日辺りの金曜から高くなるらしい。で、落ち着くのは、4月の6日前後らしい。今年なら、この5,6にちあたりか。