ある主婦のため息

アラフォー。夫、息子(4歳)との生活

ドラマ

言うことを聞かない息子・六龍が飛ぶ

ドラマ「六龍が飛ぶ」。大詰め。 もともと、目まぐるしく進む話であるけど、終盤は特に。 最初の頃は、ほんま、こいつ腹立つわ!とバンウォンと、チョン・ドジョンらと一緒のような気持ちで、いわゆる悪者に立ち向かう、このころは本当分かりやすい悪者とい…

桜と「六龍が飛ぶ」中盤あたり。

一週間前とは違う風景。 公園、川沿いの桜もどんどん緑が強くなる。 葉桜は、汚らしい感じがして好きではない、あるママ友がそういった。 確かに、そこにある桜はなんだか雑然と見えた。 でも、葉桜が好き、という人も聞いたことがある。 新緑の季節。木々が…

「六龍が飛ぶ」15話あたり、と育児記事少々

4月から新生活。ワクワクしたり、ドキドキ、不安なこともあったり。 例えば、幼稚園に入園。親の場合。うれしいけれど、もちろん不安なことも。 泣いて行きたがらないかしら、トイレ大丈夫かしら。 大丈夫!(?)今、年少のわが息子は、いまだに泣いてるし、…

久しぶりにスベクヒャン

「六龍が飛ぶ」のほかに「帝王の娘スベクヒャン」と観ている。2作観るのが限界かな~。 「スベクヒャン」は一度ざっと観たことはあり、面白いと思った。最初の頃は全くみていなかったので、レンタルで観始めたけど、結局見続けられなかった。 それから一年…

「六龍が飛ぶ」4話くらいまで。

あっという間の展開に感じるよ~。 確かにスピーディーなのはいいね。だけど、それに追いつくのも実は大変だったり・・・。おばさんなんでね・・・。 まず、人の整理。結構出てきたね~。話の中に出てくるだけだったり。 でも、やはり外国人の名前だから出て…

「六龍が飛ぶ」3話くらいまで。最初はじっくり

「六龍が飛ぶ」 どうしても最初は謎が多いどころか、登場人物の整理やらで追いつかないので、検索したり、もう一度観たり。 外国人の名前というのは、覚えにくいもの。だいぶ韓国の歴史ものは観ていても、それでも・・・。会話の中に出てくる言葉では、誰か…

「六龍が飛ぶ」観始めた

「トンイ」が終わって、同じころに始まった(後続ではないけど)「六龍が飛ぶ」を観始めた。 最近のドラマのようで、スタイリッシュな感じ。朝鮮初期、まさに国ができた話のよう。初期では「大王世宗」と「イニョプの道」を見たことがあるので、王様の名前も…

終わればあっという間

待ちわびていた「砂の塔」。 犯人は、予想内にはいた人物ではあった・・・。 その理由は「悲劇と愛に満ちた衝撃の事実」だったということで。 なので、予告を見て予想したのは、まあ、誘拐事件の事実はやはりわからなかったので、悲劇と愛というのは、弓子が…

癒し系

「プリンセスメゾン」。ゆるく観ていた。 陰謀系のドラマばかりみるので(なんででしょう)、すごい楽に観れるし、よりどころだったわ。 タワーマンションといえば、「砂の塔」と同じだけど、こちらは、温かい気持ちになる話。マンションのモデルルームが主…

金曜日を待つ。

「砂の塔」あと一話を残すところとなって、弓子の謎があきらかに。 この話をみるのは、ただ納得できる最後であるかどうかということ。 弓子の過去、確かに悲しい過去で、亜紀の「見捨てたのに・・・。」真相を話した刑事、「今から話すことを聞けば、そう思…

チャングム終わった~、でも、トンイ。

12月だし、木々の色もくすみ、それどころかどんどん丸裸になっていく頃であるが・・・、あれ、あそこの木々って色づいていたっけ??と今朝気づくのだった。 昨日の朝はキリが凄かった。真っ白。「真っ白、真っ白。」と言っていたら、息子が雪かと・・・。…

風邪での実験

家族そろって早速風邪を引いた。 まずは息子。鼻水と、そして咳がしばらくあった。咳も治まってきたので治ったかなと思っていたら、発熱。今回は、そこまで熱も高くなく、最高で38度4分、一日で微熱に。そして、夫。夫も、咳が出てきていた。発熱。が、そ…

観てるとつらい

「砂の塔」ドキドキだし、イライラだし。 ただただ、結末が気になるので見ている。 ひょっとして??と思い始めたら、そうだった・・・という事実。 亜紀の夫と、弓子は結婚していて、子供がいた。 そして、その子供は和樹・・・。 うーん、弓子。あやしいけ…

「トンイ」はじまった。

このところ気温が穏やか。 相変わらず、公園の木々がきれい 昨日は幼稚園から帰ってから、公園で遊ぶことに。 木々の中に身を置くという・・・。落ち葉がすごい。 風情があるけれど、掃除は大変そう。今日も朝早くから掃除されていたようだ。 「トンイ」が始…

歴史ものの母親

また暑くなってびっくり。 うーん、季節の変わり目と言うのは気候が読めないというか、昨日とまったく違う服を着ることも多く・・・。ウールのカーディガン着ていたらと思ったら、またもや半袖。 でも、秋なので、夏スタイルだろうが、Gジャンをはおって(…

歴史入門編

「チャングムの誓い」観始めた。週二回ほどなので、ほどほど用事がある最近にはちょうどよかったし、話もそう入り組んでなく、歴史入門編という感じなのでそれも良いかも。人情あたりも、さすが人気ドラマということで、素直に観れるし。 入門編なのだけど、…

イニョプ、再び。

「イニョプの道」 後半を観た。最初や途中は、つらいものね・・・。 吹き替えだったけど、それはそれでよかった。ついつい字幕がいいなと思ってしまうけど、字幕は忙しいし・・・。 改めて見たけどよかった。音楽もいいなと思っていたけど、今回も。 気持ち…

愛は強い??

チャン・オクチョン、面白い。 妖婦とか、悪女とか言われている彼女。 このドラマでは、果たしてオクチョンは悪女だったのか・・・、オクチョンに同情的に描かれてるとか・・・。 歴史は勝者の記録・・・、おそらくこういうストーリーも考えられるのでは・・…

主人公に共感できない・・・。

最初から観ていないので仕方がないのかしら・・・。 「チャン・オクチョン」 どうしても、イニョン王妃の方に同情してしまう・・・。 なので、オクチョンが妃に就くあたり、ハラハラ、というか、もやもやというか・・・。 オクチョンに同情的に描かれたもの…

ドラマ復活

ドラマがまた充実してきた。 「僕のヤバい妻」とか「コントレール」とか終わってちょっとロス気味だったので・・・。 ないと、本当寂しい・・・。探すとあるね。 まずは、韓国歴史もの(この辺りから探すね。)、「チャンオクチョン」。 やっぱり面白いね。…

「王と妃」が終わった・・・。

「王と妃」終わった~。 最後はなんかあっけない気が・・・。 終わりらへんが今までいくらべるとバタバタと終わった気がして・・・。エンザン君の義兄の最期もあっけなかったなあ・・・。殺されたんだよね・・・。この人結局、本当の忠臣だったのに・・・。…

結末は?

うーん、そうなるか・・・と思ったラスト。「ナオミとカナコ」。 原作とは違ったラストになるかもと思っても、同じようなラストを期待してしまうのが実のところだったので、残念というか・・・。観てる方は逃げ切ってほしいと思って観る話だとおもうのよね。…

観てるよ、宮廷もの、と息子の体調不良

韓ドラ「王と妃」 ユン氏(元妃)がついに処刑されてしまった。 この話もやはりじっくりとだった・・・。辛いね。 ノサン君のときもじっくりだったのだろう・・・観ていたら辛かっただろうな・・・。 やたら長い話で、観るのどうしようと思うけど、こんな話…

Sympathy for Lady Vengaence

犯罪者が女性・・・。 そんなことから思い出す物語。ドラマでは「アリスの棘」、大分前だけど「ギルティ悪魔の契約」・・・。 ああ、犯罪で、復讐ものだわ・・・。「ナオミとカナコ」は復讐とまでは言えない・・・。 女性で復讐ものと言えば、「親切なクムジ…

最近観てるドラマ

ついに観ることとなってしまったドラマ「ナオミとカナコ」 あ~、これは観たらやばいやつだ・・・と思って、少し観ても最後までは観ないようにしていたのだけど・・・。観てしまったから、ダメね・・・。 眠れないようになるのが嫌だから、録画にした。 先週…

過去の女性から学ぶことも・・・

スペシャル番組があるせいか、「大奥」の再放送をこのところやっており観る。おりしも、見続けている「王と妃」(韓国)が、大奥っぽくなってきたので(世祖までむさかったので・・・)、濃い日々である・・・。 究極の境遇ということで、共感はするといって…

イケメン対決と愛と・・・。

「王女の男」観終わった。 見るのが中々辛かった・・・。だって、どうしても世祖(首陽大君)側の勝ちだもの・・・。スンユたちがことごとく上手くいかない・・・。 悲しいシーンは何度かあり・・・。さすがにキツイ処刑シーンはないのは、このドラマらしさ…

ちょっとびっくりな展開

「王と妃」 ちょっとびっくりだった。昨日、端宗がついに亡くなる(処刑された)という回であったのだが、そこから、一気に9年後に・・・。 で、首陽大君は・・・。病に罹り、不穏な様子・・・。 悪者のイメージではあるが、それなりに功績はあったようで・…

ついに患ったか・・・。

「王女の男」 どんどんシリアスに。というかスンユは、危機というか、生きているのが不思議なくらい・・・。運の良さで、なんとか生き延びてる・・・。 ボロボロなスンユだけど・・・それに反してというか意地悪なのか私、スンユが素敵と思うように・・・。 …

やはりむさ苦しいのはダメだった・・・。

「王女の男」、首陽大君がキム・ジョンソを倒す日・・・。 さすがに、この回は終始ドキドキしながら観た。 主人公たちの少女マンガチックなシーンにどうも馴染めない感じで、最初は主人公のセリョンに共感しづらく・・・。まあ、それでも、スンユの不穏な感…